2009年 10月 20日

『ネット』

d0116571_2359933.jpg

『ネット』 PENTAX K-7 DA15mm/4.0 @本八幡・千葉

 晴れ。

 午後から高裁。歩いて数分の距離なんだけど、諸事情を勘案してクルマで乗り付けるのが慣例らしい。書類一式を持ち歩くのに通勤に使っているリュックではまずいということで、S判長から“気の利いたカバン”を借用する。

 CDがさっぱり売れなくなっているというニュースにぶら下がっている掲示板で、「そもそも普通の人がCDを買っていた80年代90年代が異常」みたいな意見があって、そういう流れになっているのかと。自分が中高生だったのは20年以上も前(そうなのか!)で、可処分所得(お小遣い)に対するLP、CDの占める割合は、今よりも高かったように思うんだけど、それでもみんな昼飯代抜いたり、廉価な外盤探し回ったりして結構買ってたよね。その頃のLPやCDの中身はリッピングしてHDDに収まっているわけだけど、背表紙眺めているだけで、当時のことをあれこれ思い出す。だいたい今の子供のお小遣いどこに消えているの?携帯の通話料とか?

 ブックオフのCD売り場とか眺めていると、我々の世代が愛聴していたアーティストが山のように並べられている。考えてみればCDをいっぱい買っていたのは自分たちの前後なんだから、80年代90年代に活躍したアーティストが中古市場に大量に流通しているのは当然なんだよね。我々にとってはこれほど都合のいいことはないんだけど、テレビのCMでかかる曲も80年代90年代、音楽番組も懐メロばかりという状況では、今の若い人が気の毒になることがある。CDを買いまくるのがえらいとは言わないけど、自分たちの世代の文化は自分たちで回していかないと、いつまでもおっさん世代のリバイバルばかり見せられることになるよ。

■本日のBGM:It's Only Love / Bryan Adams
[PR]

by yas_tak | 2009-10-20 23:58 | 日記 | Comments(0)


<< 『津軽』      『きゅうえどがわ』 >>