Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 03日

『柳と自転車』

d0116571_23492829.jpg

『柳と自転車』 M3 BIOGON T* 25mm/2.8 KODAK Tir-X @東町・千葉

 雨。

 瀬名秀明の「第9の日」が面白かった。ロボット、宗教、哲学を絡めるSFは日本人にしか書けないだろう。とりあえず連作の「デカルトの密室」も読まなきゃ。

 kinesさんのブログのコメント欄でも書かせてもらったので、こっちで少し捕捉。K-7のファインダは、最近のAF機にしてはざらつきの多いピントスクリーンを使っている。ピントのヤマがつかみやすい反面、開放F値のくらいズームレンズなんかをつけると、ファインダ像がざらついて少し暗く見える。どちらかというと明るい単焦点レンズ向きのスクリーンだといえるけど、キットレンズのF3.5-5.6くらいでも言われないと気がつかないレベルだと思う。

 MF時代のフラグシップであるPENTAX LXなどは交換スクリーンが多数用意されていて、レンズの明るさに合わせてマット面のざらつきが選べるようになっていた。また、明るさとピントの合わせやすさを両立するためにいろいろな工夫をしていた。ペンタックスのナチュラルブライトマットスクリーンとかミノルタのアキュマットスクリーンとかは、そういう流れで出てきたスクリーンだ。

 ちなみにカタログで確認すると、K-7のスクリーンは、「ナチュラルブライトマット III フォーカシングスクリーン 」となっている。「ナチュラルブライトマット」の呼び方は今でも健在のようでちょっとうれしい。

 逆に他社入門機などは一見ものすごくクリアに見えるんだけど、単なるガラス窓ですかと言いたくなるくらいにスカスカで、MFなんて絶対無理っていう感じ。あの辺のカメラは想定されるユーザーは暗いキットレンズにAFという使い方が大半なので、それはそれで正しい選択。

■本日のBGM:Hungry Heart / Bruce Springsteen
[PR]

by yas_tak | 2009-12-03 23:49 | 日記


<< 『踏切注意』      『階段と自転車』 >>