Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 16日

『K』

d0116571_23565849.jpg

『K』 CONVERTIBLE HORSEMAN 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @船橋・千葉

 曇り。

 誰が言い出したのか知らないけど、カメラは斜めがけにするのがよろしいということになっている。ただ、一眼レフにおまけでついてくるメーカー名の入ったストラップは、長さが足りない上に肩や首があたるところが滑り止め加工されていて、斜めがけしてしまうと素早い取り回しは無理。あれではとてもじゃないがスナップなど撮れる状況でなく、皆さんどうしてるんでしょうという話をしていたら、「斜めがけ用のストラップ」というのが売っているんですよと教えてもらった。ネットで検索すると、ああ、たしかにそういう商品がいくつか出ている。しかも、どれも一本5000円とか、6000円とかする。ちょっと高いな。

 誰が言い出したのか知らないけどと書いたけど、内田ユキオさんは何度か著書の中でこの持ち方を推奨している。ぐるっと回してすぐに撮影できる、身体に密着するので人混みの中でぶつけることがない、とかいう効能書きがだったと思う。身体の大きな内田さんは、ライカに特注の革製のストラップをつけていた。

 ちなみに自分は撮り歩いている間は右手ぐるぐる巻きが基本で、カメラを離すのはフィルムを交換するときだけ。たまに休憩モードのときに、首もしくは肩から提げるというパターン。なので、ストラップは、最初からついてくるやつ(PENTAXのは細身でしなやかでよい)か、フジヤカメラでおまけにつけてくれるような、300円くらいのナイロン生地のペラペラのやつか。革製なんて絶対に無理だ。いずれ「休日は一眼レフを斜めがけにしてのんびりスナップを楽しんでいます」とオシャレに言い放ってみたいものだ。

■本日のBGM:Reason To Believe / Bruce Springsteen
[PR]

by yas_tak | 2009-12-16 23:56 | 日記


<< 『終末処理場』      『日曜日』 >>