2010年 01月 04日

『走る』

d0116571_23324264.jpg

『走る』 PENTAX SP SMC-Takumar 24mm/3.5 KentmerePAN 400 @国府台・千葉

 曇りときどき晴れ。

 御用始めだが、地下鉄はがらがら。

 春節(旧暦の正月)は中国に帰省することになった。一年で一番寒い時期であり、中国東北部に位置する吉林市では氷点下30℃くらいになる。デジタル一眼レフの動作保証は0℃までがやっとというのが多い中、K-7は氷点下10℃まで保証している。-30℃に届かないにしても10℃の差は大きい。結露にさえ注意すれば街中のスナップには問題ないと思う。K-7は小さいので懐で暖めることもできるし。

 そういえば前回の冬の吉林には、PENTAX LXを持って行った。樹氷を撮るのに松花江まで出ると、コンパクトデジタルカメラは軒並みアウト、よそのおじさんが持っていたキヤノンのEOSも動作が怪しい中、PENTAX LXだけは何も問題もなく動いていた。タフだねえ。

■本日のBGM:Night Games / Graham Bonnet
[PR]

by yas_tak | 2010-01-04 23:36 | 日記 | Comments(2)
Commented by bjiman at 2010-01-06 01:12
春節は吉林省に行かれるんですか。冬に大連に行ったことがあります
が地下道の商店街が盛んだったのが初体験で珍しかったです。
札幌でK10D+DA☆を氷点下で使っていましたが、動作がちょっと鈍く
なるくらいで平気でした。K7ではマグネシウムボディで更に強いから
安心ですね。
Commented by yas_tak at 2010-01-07 00:05
中国行きのカメラ、K-7は確定なんですが、フィルムをどうするか迷っています。
地下の商店街は、瀋陽で見たことがあります。
普通の地下道みたいなところが、突如商店街になってるんですよね。


<< 『北総線江戸川橋梁』      『匍匐前進』 >>