2010年 03月 09日

『踏切』

d0116571_23515645.jpg

『踏切』 PENTAX K-7 DA35mm/2.8 MACRO @本八幡・千葉

 曇り→雨→雪。

 地下鉄の吊り広告で「親の年収200万円で東大合格」みたいな見出しが出ていた。いい大学に入るには塾やら何やらで教育費が嵩むので、親の年収がそこそこのレベルでないと東大には合格できないどうしようというネタであることは想像がつく…なんて思いながらちょろっと検索したところ、吊り広告の正体はAERAの「親年収200万円でも東大生 経済格差に克った7人の家庭と素顔」という記事だった。

 AERAのサイト上に掲載されているサマリーを読んだだけなので、本記事全体はどうなのか分からないけど、現役のときは合格率がC判定で親から志望校変えろと言われて無理して受けてやっぱり落ちたとか、大学では寮生活で奨学金ももらっているとか、それのどこが「経済格差に克った」なのか、つっこみどころ満載でいまいちよく分からない。少なくとも自分が思っていたのとはちょっと違った内容だった。
 
 だいたい「親の年収200万円」は大変だろうけど、それと大学生活は別なんじゃないの。自分が学生のときでも学費と生活費は全部バイトと奨学金でまかなっているという友人はいっぱいいたぞ。

 ただ、できない子をしょうもない大学にやるのにお金がかかるのはしょうがないとして、できる子を東大にやるのに負担がかかるというのはおかしいね、やっぱり。

■本日のBGM:アトムの子/山下達郎
[PR]

by yas_tak | 2010-03-09 23:48 | 日記 | Comments(2)
Commented by scanmind at 2010-03-10 20:38 x
コメントはご無沙汰しておりました。
最後の1行は全く同感です。
成績が良い子供(裕福でない)をサポートできる体制を国がきちんと構築しないと
貴重な人材を育てられないですよね。宝物だと思います。
Commented by yas_tak at 2010-03-10 23:55
子どもの絶対数が減ってますからねー。
うまくピックアップしていかないといけないですね。


<< 『靴屋さん』      『東方書店』 >>