2010年 06月 08日

『20』

d0116571_0335746.jpg

『20』 PENTAX K-7 DA21mm/3.2 @東十条・東京

 曇り→雨。

 以前も記事にしたことがある(2009年 01月 21日)けど、「DMW-LW46」というのはパナソニックのデジカメ用のワイコンだ。x0.75となっているから、DP1につけると21mm相当の広角レンズとして使うことができる。買った当初は物珍しさもあって付けっぱなしにしていたが、やはり歪曲収差が気になってきて、あまり使わなくなった。ちなみに「DMW-LW46」の歪曲収差の少なさは市販されているワイコンとしてはトップクラスで、自分が気にしすぎるだけなんだけど。
 
 で、最近になってDP1+DMW-LW36で撮った写真を改めて見返していて、この微妙な歪曲具合もそんなに悪くないんじゃないかという気がしてきた。むしろ超広角写真の難しさというか、ちょっとの傾きやあおりも許容しない厳格さみたいなものが、文字通り「丸め込まれる」感じがするのだ。
 
 例えば、ビオゴンあたりのがちがちに収差補正されているレンズは、画面の中に逃げがないので、ちょっと傾けただけでも全体に影響が出る。しっかり水平出せよって感じ。ところが、DMW-LW36では、タテヨコの関係が元からゆるいので、ちょっとくらい傾いていても気にならないのだ。超広角ビギナーにはこっちの方が使いやすいのではないかと思うくらい。

 とはいえ、どちらか一方を選べと言われれば、ビオゴンをまっすぐに構える方を選ぶな。

■本日のBGM:Wish You Were Here / Pink Floyd
[PR]

by yas_tak | 2010-06-08 23:33 | 日記 | Comments(0)


<< 『階段』      『相撲料理』 >>