Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 22日

『ボール』

d0116571_844390.jpg

『ボール』 OLYMPUS Pen S D.Zuiko 28mm/3.5 ILFORD HP5 PLUS @八広・東京

 晴れ。

  ハーフ判のカメラは、撮っているときの昂ぶりと、仕上がった写真を見たときのギャップが大きい。レンズ設計の甘さとか、フィルムサイズの余裕のなさみたいなのものがそのまま画面に現れるので、適当にシャッタを押してしまうと、本当に適当な写真しか写らない。しっかりした写真を撮ろうとすると、通常の35mmカメラ以上に露出や光線の加減を考えないといけない。いや、慎重に取り扱わねばならないという話ではなく、きちんと使えばものすごい写真が撮れるという意味。
 
リコーのオートハーフとかペンのEEシリーズのように露出がオートで工夫のしようのないカメラでも、ポジのちょっといいフィルムを入れて、光の当たっている方向に気をつけてシャッタを切ると、つまり基本に忠実にカメラを扱うということなんだけど、これ本当にハーフで撮ったの?というようなものすごい写真が撮れる。たまにハーフ判のカメラを使うと、こういうことを思い起こさせてくれて、初心に返ることができるのだ。
 
 ハーフ判のカメラでもトイカメラでも、安いカラーネガ詰めてお気楽にっていう扱いが多いけど、こういうカメラこそ撮影者の技量が試されるんじゃないかと思う。皆さんも是非。

■本日のBGM:Unsung / Vanessa Carlton
[PR]

by yas_tak | 2010-09-22 23:04 | 日記 | Comments(0)


<< 『科学館』      『サトイモ』 >>