Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 30日

『立体駐車場』

d0116571_2317589.jpg

『立体駐車場』 M2 RUSSAR 20mm/5.6 ILFORD HP5 Plus @大塚・東京


 雨。
 
 中国でマンションを買わないかという話がちらほら。投資目的ではなく、あっちとこっちを行ったり来たりしながら生活をするときの拠点として、ひとつくらい持っていてもいいんじゃないかと。ちなみにちょっと前にあった話は、松花江沿いの30数階のタワーマンションの23階で、広さは日本の余裕のある2LDKくらい。内装とか全部終わった状態で(中国のマンションは内装は自分でやるのだ)30万元弱だから、450万円くらいか。日本と比べて破格なのはいうまでもなく、親しいスジから購入するということで現地の相場で考えてもかなりお得感のある買い物であり、あっちに預けてある人民元を回収する意味でも悪くない話だったんだけど、結局そっちはキャンセルした。
 
 いうまでもなく現在の中国は不動産バブルであり、ちょっとお金を持っている人は住む予定もないのに不動産買いまくり、それを当て込んで業者もマンションを建てまくっている。北京や上海などの都市部の空き室は8000万戸!(米国フォーブス誌)とかいう話もあり、えらいことになっている。
 
 投資目的で買ったマンションなら空室でもなんでもいいんだけど(本当はよくないんだけど)、そこに住むとなると話は別だ。いくら名目上全戸完売だったとしても、実際に住む人が少なく空室が目立っているような状況では、いずれオーナーの管理費の払い込みが滞って、エレベータや防災設備がメンテナンスされなくなり、早晩廃墟になってしまうのは明白。というか、中国のマンションは築5-6年でボロボロになる上、そもそもマンションの管理組合のような機能が備わっているかどうかも怪しい。関係者地元であるところの吉林市では沿岸部ほどバブリーでないにせよ、みんな普通に2戸目、3戸目のマンションを買う話をしているので、いずれスカスカのマンションだらけになるのは想像がつく。
 
 というわけで、どうせ買うならバブリーなタワーマンションでなく、越してきた住人が20年30年住み続けることが前提の5階建てくらいのこじんまりしたマンションで、何かあっても階段で用が足りる2-3階くらいを狙うべきという結論。タワーマンションでエレベータが止まり、火災時に報知器が鳴らずスプリンクラーが作動しないなんてのは、勘弁。今度吉林に帰ったら、夜9時くらいに散歩して、新築のでかいマンションにどれくらい明かりがついているかチェックしてみるといいかも。

■本日のBGM:Skateaway / Dire Straits
[PR]

by yas_tak | 2010-09-30 23:19 | 日記


<< 『河合時計店』      『駿台』 >>