Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 06日

『コアラ2』

d0116571_23234432.jpg

『コアラ2』 SIGMA DP1 SIGMA LENS 16.6mm/4.0 @松戸・千葉

 晴れ。
 
 写真家の海原さんのブログで、1年半ほど前に上海の事務所の入っているビルの外壁がきれいなオレンジに塗り替えられた…と思っていたら、もう色が褪せてきたみたいな話が載っていて、あるある!と一人で納得してしまった。たしかに中国のペンキはよく色褪せるのだ。

 6年ほど前、初めて吉林に行ったときに、街の中心部を流れる松花江に新しい橋がかかったところだった。真っ赤なペンキが強烈で、いかにも新品の鉄橋ですという感じで印象に残った。それから1年ほどして、再び吉林に遊びに行ったときに、いとこの運転するクルマが見覚えのあるようなないような橋を渡った。経済発展著しい中国では一年も離れていると街の風景が一変するので、そのときもまた新しい橋がかかったのだろうと勝手に納得して「また新しい橋がかかったねえ。そういえば、前渡った橋はどこだっけ?あの真っ赤なやつ。」と聞くと、「新しい橋・・・?ああ、この橋のことだろ。前もここを通ったよ。」と教えてくれた。

 え、ここを通ったことあるって、このオレンジ色の橋が?もしかして塗り替えたの?「いや、そんなすぐに塗り替えないよ。前見たときは真っ赤だったって?そうだっけ?」・・・どうやら目の前のニンジンのような色をしている橋は、一年くらい前に真っ赤だった橋のなれの果てらしかった。中国のみんなは毎日見ているので、橋が退色していくのもそんなに気にならなかったのだろうが、自分は1年ぶりだった上に、前の真っ赤が強烈な印象だったので、ものすごいショックだった。
 
 たしかに赤い塗料は紫外線で劣化しやすい。昔の赤いクルマってすぐにオレンジみたいな色になったし、東京タワーも5年に1回くらいの割合でペンキの塗り替えをしているし。それにしても1年やそこらで他の橋と見間違うくらい退色するというのは、ある意味すごい。

海原修平さんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/shanghai_eye/e/7b3a341aff00d9d8b28393dbae45599c

■本日のBGM:Billy Jean / Michael Jackson
[PR]

by yas_tak | 2010-12-06 23:25 | 日記 | Comments(0)


<< 『逆光』      『コアラ』 >>