Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 24日

『キャベツとダイコン』

d0116571_23251656.jpg

『キャベツとダイコン』 SIGMA DP1 SIGMA LENS 16.6mm/4.0 @瑞江/東京

 曇り→晴れ。夜、会社を出たら雨が降っていたのでびっくりした。

  全部入りスマートフォンを目指したIS03なので、カメラにも力が入っている。公式サイトで発表されているものと、JPEGファイルを解析したらしいサイトの情報を総合すると、受光素子は約957万画素のCCDで、開放F2.8、画角は29mm(35mmフィルム換算)ということで、広角寄りのF2.8単焦点というのは魅力的なスペックだ。ただ、実焦点距離(4.23mm)からして搭載されている受光素子1/2.33型CCDよりさらに小さい。1/2.7型とか呼ばれているサイズか。
 
 背面のカメラ部分周辺は厚みがあり、レンズとそれに近接する赤外線受光部分(これはカメラと関係ない)は円いガラスによって覆われている。ここはキズがつきそうなので保護フィルムを貼ってしまったのだが、よく考えたらレンズの前に得体の知れないプラスチックのフィルムを貼り付けるというのはとんでもない話ですね。カメラにこだわるのならレンズバリアつけるか、保護ガラスを奥に引っ込ませて直接触れないようにするかだが、厚みの関係で無理なんだろうな。中途半端でもったいない。
 
 内蔵カメラの性能を売りにしている携帯電話はいくつかあるけどレンズ周りの保護はどうなっているんだろう。携帯電話なんだからむき出しでポケットやかばんに突っ込むわけだし、カメラが液晶部分ではない本体についているので、レンズ部分を下にして置かれることも多い。いくらハイスペックのカメラを搭載しても、レンズが汚れだらけ&キズだらけだったら意味がない。デジタルカメラの設計者からすれば泣きたくなるような状況だろう。

■本日のBGM:M/山崎まさよし
[PR]

by yas_tak | 2011-01-24 23:29 | 日記


<< 『上海飯店』      『警視庁』 >>