2011年 03月 02日

『車庫入れ』

d0116571_23223542.jpg

『車庫入れ』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @日暮里・東京

 曇り。
 
 写真と俳句というと、「写真俳句」というのがある。文字通り写真に俳句をつけた(若しくはその逆)もので、悪くはないんだけど、自分の趣味ではない。作家の森村誠一さんほかの作品を写真雑誌やウェブで何点かみた印象なんだけど、写真と俳句の組み合わせはお互いのしょぼさを増幅し合うケースが多くて、あまりいいやり方ではないように思う。
 
 例えばネコがひなたぼっこしている写真に「猫が日向で寝ていて気持ちよさそうです、あたたかそう」みたいな説明つけられてもそんなもの見れば分かるよって言うだろうし、「古池や 蛙とびこむ・・・」とかいう俳句に池の写真つけられても野暮の極みって思うでしょう、そんな感じ。
 
 中には言葉と写真が共鳴した面白いものもあるが、それでもやっぱり野暮だなーと思う。俳句・写真共通の楽しみのひとつに、作者が提示する限られた情報から、無限のイメージを引き出せるというのがあるんだけど、写真と俳句を一緒に見せられるとそれがなくなって非常に浅薄なものになってしまう。素人はまねしないように。

■本日のBGM:帰ろう/宇井かおり
[PR]

by yas_tak | 2011-03-02 23:24 | 日記 | Comments(2)
Commented by tajiri8jp at 2011-03-03 06:18
はい。肝に銘じます(笑)。
Commented by yas_tak at 2011-03-04 00:14
写真に言葉をつけるのは難しいんですよね。
あと、タイトルも。


<< 『パンダ』      『イベント開催中!!』 >>