2011年 08月 30日

『ペプシ』

d0116571_22563241.jpg

『ペプシ』 Panasonic LUMIX DMC-G1 G14mm/2.5 @四谷・東京

 晴れ。夏はもう終わりだよと言わんばかりの空気…と思ってたら、夜には雨。台風来るんだ。

 モノクロの写真集を買ってみようと思うんですが何かオススメは?と聞かれたので、エリオット・アーウィットを薦めた。写真の面白さ(構図の巧みさ、ちょっとしたユーモア)とか、入手し易さなんかを勘案すると、最初の一歩としてはここらへん一択じゃないのかな。マグナムつながりで、他の写真家へと話題がつながるということもあるし。いまだ現役だしカルチェ=ブレッソンほど歴史的名作っぽくなくて、とっつきやすいんじゃないかな。日本人の作家だとどの辺になるんだろう。アラーキーも森山大道も最初の一冊って感じじゃないんですよね。

■本日のBGM:Wish You Were Here / Pink Floyd
[PR]

by yas_tak | 2011-08-30 23:00 | 日記 | Comments(2)
Commented by kines at 2011-08-30 23:50
エリオット・アーウィットをお勧めされた、センス素晴らしいと思います。
確か、どこかでインタビューを受けていた時に「ユーモアが必要」と答えていた様な気がします。

ブレッソンは最初ははっとさせられましたが、
段々「神経質」な感じが強くなって来ました。

確かに日本人でモノクロだれ?
と考えると、中々上がって来ないですね。

最近、というかずっと、
沢渡朔さんの「シビラの四季」を探しているのですが、
中々ないですね・・・。
あっても結構なお値段に鳴ってしまっていて。
Commented by yas_tak at 2011-08-31 23:12
エリオット・アーウィットは、大人から子供まで楽しめるので、
入門用に最適ですよね。
一枚一枚に込められているメッセージが明確で、見る人にやさしい。

「シビラの四季」はいいですね。
沢渡さんは生涯現役という感じで、かっこいい。
うまく探せばアマゾンよりはいい条件で買えると思いますが。
古書店パトロールするときに気にかけておきます。


<< 『みますや』      『黒うどん』 >>