2011年 10月 18日

『14:30』

d0116571_23102122.jpg

『14:30』 OLYMPUS EPL-1 G14mm/2.5 @西巣鴨・東京

 曇り→晴れ。

 スマートフォンで宮澤賢治を読むのが楽しみ。テキストビューアはシンプルな使い勝手が気に入って「青空文庫ビューア」を愛用しているのだが、スクロールバーなどでざっとページが送れないのが残念。「春と修羅」などの詩集は全体を行ったり来たりして読みたいし、「銀河鉄道の夜」あたりはストーリーを追うというより、文章の一節一節を味わうという感じなので、好きなところをささっと開けられるようにしたい。「青空読手」あたりを試してみるか。
 
 本は、できれば実際に手に取れる本で読みたいところだが、電車の中でさっと読む分には電子書籍も悪くない気がしてきた。初めは掌の小さな画面で文字を追うのに違和感があったけど、フォントを明朝体にすると、マットで高解像度の液晶と相まって文庫本の紙面を眺めているような気分になれる。とはいえ、わざわざタブレットサイズの電子書籍リーダーを買うほどのものでもないな。

■本日のBGM:五番街のマリーへ/ペドロ&カプリシャス
[PR]

by yas_tak | 2011-10-18 23:12 | 日記 | Comments(0)


<< 『止まれ』      『坂道』 >>