2011年 11月 11日

『窓拭き』

d0116571_13592293.jpg

『窓拭き』 SIGMA DP1 SIGMA LENS 16.6mm/4.0 @大塚・東京

 雨。
 
 堀江敏幸さんの「なずな」という小説をすすめられた。生後2ヶ月の女の子を40代の男性が育てるという長編”保育”小説らしい。作者の堀江敏幸さん名前、どっかで見たことあるなあと思っていたら、ドアノーの「不完全なレンズで―回想と肖像」の翻訳をしていた人だった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「なずな」
私は守っているのではなく、守られているのだ、この子に。
なずなに。
かけがえのない日々とかけがえのない人々を描く待望の長編“保育”小説。
生後2ヶ月の女の子と過ごすイクメン小説!
「世界の中心は、いま、《美津保》のベビーカーで眠るなずなの中にある」──ひょんなことから授かった生後2ヶ月の「なずな」。かけがえのない人々と、二度と戻らない日々を描く長編小説。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 あ、あと「いつか王子駅で」という小説を読んだことがある。たまたま読む本がなくなって、神保町の古書店の100円ワゴンで発掘したのだった。ちょうど東京都北区~王子駅周辺を集中的に撮り歩いていた時期だったので、タイトルにピンときたんだっけ。これも面白かった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「いつか王子駅で」
背中に昇り龍を背負う印鑑職人の正吉さんと、偶然に知り合った時間給講師の私。
大切な人に印鑑を届けるといったきり姿を消した正吉さんと、私が最後に言葉を交わした居酒屋には、土産のカステラの箱が置き忘れたままになっていた…。
古書、童話、そして昭和の名馬たち。
時のはざまに埋もれた愛すべき光景を回想しながら、路面電車の走る下町の生活を情感込めて描く長編小説。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■本日のBGM:22歳の別れ/風
[PR]

by yas_tak | 2011-11-11 23:58 | 日記 | Comments(0)


<< 『おくりものにたばこ』      『えびさわ』 >>