2012年 02月 20日

『朝日新聞』

d0116571_054274.jpg

『朝日新聞』 Panasonic LUMIX DMC-G1 G14mm/2.5 @板橋・東京

 晴れ。
 
 子供の名前に「絆」という漢字を入れるケースが多いとか。

広辞苑で「絆」の意味を調べると、

□き‐ずな【絆・紲】キヅナ
1:馬・犬・鷹など、動物をつなぎとめる綱。梁塵秘抄「御厩(みまや)の隅なる飼ひ猿は―離れてさぞ遊ぶ」
2:断つにしのびない恩愛。離れがたい情実。ほだし。係累。繋縛。平家物語10「妻子といふものが、…生死しょうじに流転るてんする―なるが故に」。「夫婦の―」

  …となっている。子供の名前には使わない方がいいと思う。転じてもう少しいいように解釈して「人と人との結びつき」みたいな意味にとっている向きもあるんだけど、それでも子供は結びつくべき輪の中に入る「人」であり、関係を束縛するロープじゃないよ。

■本日のBGM:アクリル色の微笑/斉藤由貴
[PR]

by yas_tak | 2012-02-20 23:53 | 日記 | Comments(2)
Commented by hidetake at 2012-02-22 00:10 x
わかります。
「きづな」。綱やもんね。紐づけしているみたいです。名付けは難しいです。人間(ヒトではなく)の出来る最も崇高な仕事の一つが名付けだと思います。そこでBGMがいかしてますね。これは名曲です。
Commented by yas_tak at 2012-02-23 00:46
「絆」、読み方もよく分からなくて、適当に「ナ」とかいう音を当てているみたいです。「バン」じゃなくて。そういや「絆創膏」の「バン」は絆ですね。


<< 『中国卓球道場』      『立ちのみ』 >>