Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 21日

『中国卓球道場』

d0116571_015248.jpg

『中国卓球道場』 RICOH CX5 @池袋・東京

 晴れ。
 
 以前、カラーネガの現像でお世話になっていた駅前のDPE屋さんに宝宝の写真のカラープリントをお願いした。デジタルカメラの写真だからうちのカラープリンタで出力してもいいんだけど、自分でやると微光沢用紙に階調重視の地味なプリントになってしまうので、人にあげる分はお店のミニラボ(フジ系のお店なのでフロンティア)でやってもらった方が従来の写真っぽく仕上がる。
 
 で、関係者は宝宝を連れてDPE屋さんの端末と格闘していたようだが、写真のセレクト画面がいまいち使いにくい上に、画面の天地が切れたり(GRD3の4:3の画面をL判の3:2に縁なし出力しているから)、ややマゼンダかぶりっぽい仕上がりだったり(肌色を血色よく見せてくれるのだけど、うちの宝宝は肌が白いのでピンクがかかりすぎる)、そのうち宝宝がUSBケーブルつかんで暴れはじめたりして、思い通りのプリントを得るのは大変だったようだ。次からは4:3の画面はあらかじめトリミングしたものを、必要な分だけ別のSDカードにコピーしてお店に持っていった方がいいかもしれない。

 それにしても写真はプリントで見るのが一番。

※イントロのピアノがじんとくる。原由子の書き下ろしだよね。
■本日のBGM:少女時代/斉藤由貴
[PR]

by yas_tak | 2012-02-21 23:14 | 日記 | Comments(4)
Commented by hidetake at 2012-02-22 01:58 x
フロンティアは自動補正なしで、トリミングは自分で、ですね。BGMは「PANT」でしたか。「アクリル色の…」は「ガラスの鼓動」かな。
Commented by yas_tak at 2012-02-23 00:50
サービス判くらいの大きさなら、お店のプリントの方が評判いいみたいです。PX-5500は不評のようです。
Commented by tajiri8jp at 2012-02-23 08:26
自分もたまにお店プリントしてもらいますが、やはり我が家のプリンタとは出来が違いますし、写真はプリントが一番だと思います。
Commented by yas_tak at 2012-02-24 00:52
フロンティアのカラー印画紙&レーザー露光はやはり魅力的なので、
あれを使いこなす術を身につけたいですね。


<< 『聞き込み』      『朝日新聞』 >>