2012年 08月 28日

『8.5』

d0116571_142557.jpg

『8.5』 RICOH CX5  @本八幡・千葉
※月齢8.5
 
 晴れ。

 この季節、夕焼けと入道雲は見逃すことのできない被写体なので、ベランダに出るときは必ずカメラも準備しておく。手元の望遠レンズでモダンでしっかり写るのは、ペンタックスのFA135mm/2.8か、シグマの55mm-200mmなのだが、それではあまり面白みがないので、K-7にはスーパータクマーの135mm/2.5がつけっぱなしになっている。なにぶん古いレンズで、ちょっと黄色く焼けているので、青空がいい感じに沈んでくれる。雲のもくもくした感じがよく出るんだよね。
 
 雲のように、拡大すればするほどディテールが出てくるような被写体は、望遠し甲斐があるというか、いつまでファインダを覗いていても飽きない。ピントも無限に合わせておけばいいので、ちょっと疲れたときにいい被写体。

■本日のBGM:十四才/ザ・ハイロウズ
 
[PR]

by yas_tak | 2012-08-28 23:02 | 日記 | Comments(2)
Commented by hidetake at 2012-08-29 19:42 x
中望遠ズーム(55-200)をお持ちとは意外でした。
当方は中望遠スナップのお供は100mmマクロです。風景を切り取るか、手元のものを残して帰るかといった使い方をしています。70-200F4Lは祇園祭で活躍してくれました。
Commented by yas_tak at 2012-08-30 00:51
*ist D使っていた頃に買ったものです。
シグマのデジタル一眼専用レンズとしては最初期のものです。
廉価ですが、設計が決まるすぎるくらいに決まって、ものすごくよく写ります(シグマの人談)。


<< 『9.5』      『まな板』 >>