Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

『焼おむすび』

d0116571_1391949.jpg

『焼おむすび』 NEX-7 BIOGON T* 25mm/2.8 @関屋・東京

 曇りときどき晴れ。

 月曜日の朝がつらいなんて思うのは何年ぶりか。
 
 昨日のCX5の満月写真、じっくり眺めるとコンパクトデジタルカメラ特有のモヤっとした感じとか、ケミカルなプロセスを踏んだのですかといいたくなるようななにか泡立ったような独特のノイズがのっているのだが、月自体のテクスチャと見分けがつかないので、実際の仕上がり以上によく写っているように見える。その点、デジタル一眼レフの方が、高精細であることはもちろんだが、それ以外にもトーンが豊富で、おかしなノイズもないので、クレータを強調したいとかで少々手荒にレタッチしても画面が破綻することはない。同じことをCX5でやるとすぐギトギトになってしまう。
 
 この「実際の仕上がり以上によく写っているように見える」というのは重要で、コンパクトデジタルカメラの画像のモヤモヤもツブツブも、PCの画面上で適切なサイズにして見るとかプリントするとかすると、実解像度をこえる立体感みたいなものが出てきて、見ていて気持ちがいい。少なくともノイズリダクションかかりまくったつるんとした画像よりも絶対にいい。

■本日のBGM:You Belong to the City / Glenn Frey
[PR]

by yas_tak | 2012-09-03 23:38 | 日記 | Comments(2)
Commented by 6-oeuf at 2012-09-04 02:12 x
のどかなお昼時いいかんじですね。丁寧な構図がもいいです。

わたしもいつからか、デジのノイズリダクションは使わなくなりました。
フィルムを使っていると、ノイズが気になりませんね。
Commented by yas_tak at 2012-09-05 01:08
こういう構図は換算35mmくらいがぴったりきます。

フィルム使っている人からすると、ノイズというよりは粒状感ですよね。


<< 『太陽』      『満月02』 >>