Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 18日

『強い雨』

d0116571_0222446.jpg

『強い雨』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @本八幡・東京

 曇りときどき雨。
 
 スナップを生業にしている人たちの間でボディキャップレンズの話題沸騰中。これの延長でハイパーゴン(レンズ2枚!)やトポゴン(レンズ4枚!)みたいな超広角レンズを出してくれないかと思うのだが、デジタルカメラの撮像素子は対称型のレンズと相性が悪いので、盛大にマゼンタかぶりを起こしそう。いや、それでもいいから是非。
 
 トリプレットのレンズが面白いというのは、飯田鉄さんが著書「レンズ汎神論」で何度か書かれている。中でもレンズ枚数が少ないのでシンプルで抜けがいいというのが印象に残っていて、これを読んで以来、ズームレンズの19群23枚とかそういうのにグッとこなくなってしまった。

 レンズ枚数の少ないレンズというと、レンズ付きフィルムについていた非球面のプレスチックレンズとかそういうのが思い浮かぶ。コニカのwaiwaiワイドのレンズ(17mm/11、2群2枚)とかすごかったね。

吉田康二郎ほか, 「撮りっきりコニカ mini waiwai ワイドの開発」, KONICA TECHINICAL REPORT, Vol.16, pp.31-34, (2003)
http://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2003/pdf/07.pdf

■本日のBGM:Shock the Monkey / Peter Gabriel
[PR]

by yas_tak | 2012-10-18 23:21 | 日記 | Comments(6)
Commented by maesthek at 2012-10-19 01:27 x
コニカのwaiwaiワイド、フィルムを交換できるように改造して使っていました。今もうちのカメラ棚にあります。あのレンズをライカマウントに改造して売っているところがありましたよね。
Commented by hidetake at 2012-10-19 17:07 x
ローライにもトリオターのものがありますよね。広角といえば、ツァイスの新しいディスタゴン15mm。値段もぐっときますが、フィルタ径95mmにもぐっときます。
Commented by kasime at 2012-10-19 23:46
こんばんはー。
いいですね、この写真。
GRDもいいカメラですね。
初代を使い倒しましたが、あの使い勝手の良さは特筆ものですね。

ハイパーゴン、二枚玉ですか!今、構成図見てきましたが、
驚愕のレンズですね。
トポゴンはよくトポゴンタイプとか聞きますね。オリオン15がそうですかね。
ルサールは独特の構成なのでしょうか。
ルサールはキリッと写って好きなんですよね。

トリオターは今ローライコードで持っていますが、スッキリ写りますね。
少ないレンズ構成って偉いんじゃないでしょうか。
歪みなくすためにどんどん枚数が増えている気がします。

waiwaiワイド最後の在庫で遊びました。
もう、凄い写りでしたね。
歪んだ異次元みたいな。でも中心はよく写っていたように思います。
あー、夢があったなーって思います。
長々とすみません。
Commented by yas_tak at 2012-10-21 23:35
>maesthekさま
ヘキサゴン17mmとかいう名前で売られていたやつですよね。何度か買いかけたのですが、最後は像面収差の問題が気になってパスしました。やはりあのボディがあってのレンズという気がします。フィルム面を歪曲させてしまうという方法は、ワイドラックスなどのスイングレンズ式のパノラマカメラで採用されています
Commented by yas_tak at 2012-10-21 23:43
>hidetakeさま
レンズ構成図もすごいなあ>12群15枚。
単焦点でここまで保ってくると、これはこれでOKという感じ。
Commented by yas_tak at 2012-10-22 00:19
>kasimeさま
トポゴンタイプというと、本家トポゴン、ロシアのオリオン、ニコンのレンジファインダ用の25mm/4.0とかですね。あと、キヤノンのレンジファインダ用の25mm/3.5もほぼトポゴン。
ルサールはロシアレンズにしては珍しいオリジナルの設計です。4群6枚の対称形は他では見たことのない構成。対称形はこれくらいが一番バランスがいいような気がします。歪みを補正するのにレンズを追加していくのは、どっかイタチごっこみたいな感じがしますよね。
waiwaiは結局買わずじまいでした、残念。


<< 『三日月』      『水たまり』 >>