2013年 05月 10日

『梅』

d0116571_8195499.jpg

『梅』 RICOH Caplio GX8 @本八幡・千葉

 晴れ。

 大手不動産屋さんの方が怪しい物件を勧めてくる件の続き。これは今回お付き合いしているTさんがそうだというのではなく、10年くらい前に本八幡に引っ越す際、賃貸を探していたときに実感したことだ。当時は都営新宿線沿線でどっかいいところはないか、とりあえず始発の本八幡で降りてみようということで、駅前の地元密着型不動産さんに声を掛けてみた。まずは事前に聞いていた相場より2万円くらい安い目の値段を出して、これくらいの広さを探していますと切り出すと、そりゃあちょっと無理じゃないのとばかりに懇々と説教され、もうちょっと勉強してから出直してきますとばかりに店を出てきたのだった。

 千葉県なのに東京都内より高いらしいよ本八幡ということで、半分くらい戻って都内の大島という駅で降りて、そこの駅前の不動産屋さん(今度は大手チェーン展開しているところ)に声をかけてみた。受付のお姉さんに、これくらいの広さでこんな値段をところを探してるんですけど、あ、無理なら全然いいですみたいに話をふると、にこやかに少々お待ち下さいとばかりに端末を叩き始めた。さっきの本八幡の件もあるし、そんなに期待しないで新築マンションの広告なんぞ眺めていると、お待たせしましたとチラシを何枚かプリントアウトしてくれた。そこにはたしかにこちらが希望していたとおりの金額で思ったとおりの広さの物件が記載されていた。
 
 とりあえず近い順に何件か案内してもらうことになり、いやーさすが大手ですね、探せばあるもんですねとか言いながら、まずは1件目。うーむ、狭小地に無理矢理建てた3階建てを更に半分に仕切って2軒分にしている。玄関がそのままキッチンで靴は食器棚にみたいな。階段というか梯子というか秘密基地というか、うーむ。ちょっと元気がなくなったところで、今度はこっちの商店街のところ行ってみますかと、お隣の西大島へ。商店街の脇を抜けたところに、つぶれかけのゲームセンター、2階は看板はないけど人の気配だけが濃厚なオフィス。闇金の事務所みたい。で、そこの3階。キッチンというより給湯室。和室となっているところは、オフィスの床に畳を敷き詰めてあるような感じで、ふすまが取っ払われて広々としているのだけど、大広間というより柔道場。部屋の一方が全面押し入れになっていて、なんだか新興宗教の合宿場みたい(T_T)。案内してくれたお姉さんもこれはやばいという感じで、鍵を閉める手が震えていたのを見逃さなかった。

 結局、そっちはまた何かあったらということになって、本八幡で見せてもらった戸建に決めて、連絡を入れた。で、そこに10年住んだわけです。

■本日のBGM:あなたの海になりたい/山口岩男
[PR]

by yas_tak | 2013-05-10 23:20 | 日記 | Comments(0)


<< 『キッチン』      『P2』 >>