2013年 12月 10日

『児童のとびだし多く危険』

d0116571_0261255.jpg

『児童のとびだし多く危険』 SIGMA DP1 SIGMA LENS 16.6mm/4.0 @東高円寺・東京

 雨→曇り、晴れ。

 バイロン・ジャニスのプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番(コンドラシン指揮;モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団) を堪能。マーキュリーのボックスセットは、この人のほかにもヴァン・クライバーンなど1960年代に絶賛されたあとひっそりと消えてしまった幻の音楽家の作品が多く含まれていて興味深い。
 
 特にヴァン・クライバーンは、冷戦時代にソ連の第1回チャイコフスキーコンクールで優勝したり、クラシックのアルバムがビルボードのポップアルバムチャートにランクインしたり、その名前を冠したコンクールが創設されたりとまさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったのが、騒がれすぎたのがまずかったのか、その後巨匠として成熟することなく消えてしまった。いや、消えてしまったのならまだしも、それなりに演奏活動は続けていたのに誰からも見向きもされなくなったというのだから、情けないというかもったいないというか。

■本日のBGM:22才の別れ/風
[PR]

by yas_tak | 2013-12-10 23:24 | 日記 | Comments(0)


<< 『児童のとびだ』      『夜道』 >>