Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 22日

『ネコを追いかける』

d0116571_050577.jpg

『ネコを追いかける』 RICOH GR GR LENS18.3mm/2.8 @本八幡・千葉

 晴れ。夜中に雪が降ったらしい。
 
 ちょうど一歳くらいのときかな、かかりつけの小児科でよく一緒になるソウタくんという男の子がいた。乳児の予防接種は決められたスケジュールで打つので、同じ子供と顔を合わせるのはよくあることだ。そのうちソウタくんのお母さんとも顔見知りになってお互い子供の様子を報告し合うようになったのだけど、何度も顔を合わせるといってもまだ言葉が話せる段階ではないので、子供同士は相手の顔をじっと見ているだけであった。
 
 そのうち予防接種の時期が終わると、同い年といっても一緒に風邪をひくわけではないので、ソウタくん親子とも顔を合わせることがなくなった。親だけがときどき思い出して最近会わないよねえ元気にしているかねえと口にするくらいになった。
 
 ところが数ヶ月前、聡聡も2才を過ぎてようやくぺらぺら話すようになったと思ったら、突然「ソウタくんはどうしたの?」と聞くようになってびっくりした。先にも書いたようにソウタくんは1才前後の何ヶ月かにときどき顔を合わせただけで、その後全然会っていないし話題にもしていない。にもかかわらず、それから1年以上経ってソウタくんソウタくん言い出したということは、1才前後の記憶があるということか。いや、1才の記憶があることも興味深いけど、あのあーとかうーとかしか言えない混沌とした精神状態で状況を把握して頭の中にしまいこんでいたということに驚いた。ましてやそれを正確にプレイバックできるなんて。
 
 ソウタくんの記憶がこの後いくつまで残っているのは分からないけど、現時点でもこちらが考えているよりずっと厳密に世界を見ているのは確かだ。子供がわけが分からないといって適当にあしらっていたらとんでもないことになるので、「明日は××に行こうね」とか「それは××の後にしようね」とかいう約束も適当に口にしないで、大人同士のようにきちんとつきあっていこうと思ったのだった。

■本日のBGM:Independence Day / Bruce Springsteen
[PR]

by yas_tak | 2014-01-22 23:50 | 日記


<< 『一年生自転車置場』      『自販機』 >>