Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 23日

『杖』

d0116571_2211378.jpg

『杖』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @木場・東京

  晴れ。
 
 というわけで、デジタル接続とアナログ接続の聴き比べ。せっかくなので検電ドライバをひっぱりだして、アンプ、CDともコンセントの極性もきっちり合わせておく。スピーカーケーブルも剥いておこう。
 
 まずはいつものアナログで。マランツのエントリークラスのCDプレーヤは伝統的に耳なじみがよく聴きやすいという印象。小音量でも音やせしないのはいいけど、ボリューム上げるとちょっと線が太い。まあ、今の環境ではがんがん鳴らすことはないので、これはこれでいい。
 
 さて、次はデジタル接続。一聴して音像が引き締まるのが確認できる。全体に引き締まるんだけどエッジが立っているので、こちらも小音量時でも音やせはしない。こういう聴かせ方もあるのかという感じ。小音量時ではいい勝負だけど、ボリュームを上げるとデジタル入力の方がいいかな。低音も量感ではなくアタックで聴かせるので、曖昧さがなくて気持ちいい。んんー、好みとしてはデジタル接続だけど、長時間流すと聴き疲れするかな。どっちか決まったら一方の結線を外すつもりだったけど、これなら共存させておいてもいいか。
 
 ちなみにD/Aコンバータチップは、アンプ側がTI社のバーブラウンPCM1796、CDプレーヤ側はシーラスロジック社のCS4398となっている。どちらも定評のあるチップであるが、それぞれ特定の音質の傾向を持つというのは聞いたことはない。それに続くアナログ回路での音作りが違うんだろうな。

■本日のBGM:Where The Streets Have No Name / U2
[PR]

by yas_tak | 2014-04-23 22:12 | 日記 | Comments(0)


<< 『換気塔』      『孫』 >>