2014年 06月 10日

『模型店』

d0116571_6295883.jpg

『模型店』 RICOH CX5 @豊玉・東京

 曇り。たまに日差し。
 
 梅雨到来につき写真界隈も湿気の話ばかりになっている。壁紙でも畳でも湿気ているものはいくらでもあるのに、なんでガラスのレンズにカビが生えるのか謎だ。湿気も気になるんだけど、そもそもカビが生えるというのは胞子が附着しているということなんだから、ときどきブロアで吹いて表面のホコリを飛ばしておくとか(目で見えてなくてもついてるよ)、しっかり掃除機かけて部屋の換気もしておくとか、汚染源を減らしておくのも大事だね。ホコリがたまりやすいところは胞子もたまりやすい。
 
■本日のBGM:永遠の嘘をついてくれ/吉田拓郎
[PR]

by yas_tak | 2014-06-10 23:28 | 日記 | Comments(2)
Commented by kasime at 2014-06-11 23:15
ほんと、まさにそれですよね。
「餌があるから生き物が生きていける」と。
カメラ、レンズを使って仕舞う時にきちんと拭いたり、払うだけでも全くちがってくるのでしょうね。
ずぼらな私には耳の痛いお話です。
メンテナンスもしないで突然、防湿庫と言うのは、
基礎体力が無いのにドーピングしているみたいな感じですね。
Commented by yas_tak at 2014-06-12 06:28
>kasimeさま
胞子は眼に見えないので、ホコリはついてなくてもとりあえずバフバフやっておきます。
防湿庫の効果としてホコリ避けってのもありますよね。


<< 『アンティーク家具』      『牛スジの煮込み』 >>