Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 17日

『玄関』

d0116571_9452463.jpg

『玄関』 RICOH GR GR LENS 18.3mm/2.8 @本八幡・千葉

 晴れ。
  近所の公園にぐるぐる回る遊具があった。円錐状の底面の縁を一段目として、二段目、三段目とフレームがわたしてあって、次の頂点を一本の柱が支えていて、ぐるぐる回せるようになっていた(爪楊枝にとんがりコーンをかぶせてくるくる回すようなものを想像してもらうといい)。回転している底面と地面との間に足を挟むとそのままちょん切られそうになるという、今では考えられないような構造だったががったんがったん回るのがそれなりにスリリングでみんな喜んで乗っていた。
 
 それで、そのフレームの何段目に乗れるかというのが近所の子供の関心事で、二段目は余裕だが三段目は高いし狭いし持つところも少ないしで、そこまで上れるのはそれなりのステータスがあった。あまり外で遊ばないどんくさい子供だった自分は、そんな子供っぽいことできるかよみたいな表情を決め込んでいたのだが、夕方誰もいなくなった公園では一人チャレンジしてみたりしていた。
 
 そんなある日、やはりたまたま公園を覗くと誰も子供がいないので、さっそく遊具によじ登ってみるといつになく軽く2段目に乗ることができた。それならとびびりながらも3段目にもチャレンジするとこれも成功。
 
 無性に興奮してその後何度かチャレンジして確実に上れることを確認すると、何を思ったのか家に帰って夕飯の用意をしている母親を公園まで連れて行って、「ほらほら一番上まで登れたよ。」とアピールしてみたのだが、母親は意味が分からなかったらしく、適当にほめてそそくさと家に戻ってしまった。
 
 今でもあのときの「誰かにアピールしなきゃ!」という全身の血が煮えたぎる感覚は憶えているのだが、セットになっているのはがっかり感を漂わせながら手を洗っている記憶なので、思ったようにはほめられなかったのだろう。

 そういう記憶があるので、うちの子供が怪しげなポーズをとりながら「みてみてすごいでしょ。」とアピールしてくるときは、がっちりほめてやるようにしている。そういうのっていつまでも憶えているもんだからね。

■本日のBGM:You Really Got Me/ Van Halen
[PR]

by yas_tak | 2014-10-17 23:45 | 日記


<< 『閉園時間』      『庭とベランダ』 >>