2015年 03月 17日

『ペットボトル』

d0116571_558314.jpg

『ペットボトル』 a7R BIOGON T* 35mm/2.0 @大原・東京

 晴れ。
 
 子供が布団にソフビの怪獣埋めて発掘ごっこをしている。「ここらの地層は7000万年前の土です。パンドンちゃんの化石が出てくるのも当然です。」とかつぶやきながら。宮澤賢治の詩みたいな言い回しだなと思ったのだが…、ああ、これだ。「春と修羅」の序の最後の方。
 
・・・
 おそらくこれから二千年もたつたころは
 それ相当のちがつた地質学が流用され
 相当した証拠もまた次次過去から現出し
 みんなは二千年ぐらゐ前には
 青ぞらいつぱいの無色な孔雀が居たとおもひ
 新進の大学士たちは気圏のいちばんの上層
 きらびやかな氷窒素のあたりから
 すてきな化石を発掘したり
 あるいは白堊紀砂岩の層面に
 透明な人類の巨大な足跡を
 発見するかもしれません
・・・

 子供は少ないボキャブラリで大人の言い回しを真似ようとするから詩人の言葉のようになるのだった。

 宮澤賢治の詩を読み出したのは小学校の5年生のときだ。おそらく国語のテキストに載っていたのを読んで親に買ってもらったのだ。とにかく「文字が少ないのにいつまでも眺めていられる」というのが不思議でずっと眺めていた。

■本日のBGM:Children's Crusade/ Sting
[PR]

by yas_tak | 2015-03-17 23:57 | 日記 | Comments(0)


<< 『ハラミ』      ■写真集の複写 >>