2007年 12月 18日

TODAY

d0116571_23551155.jpg

RICOH GR DIGITAL GR LENS 5.9mm/2.4 @小岩・東京

 晴れ。
 
 おせんべいの亀田製菓は原料の仕入れルートを活用してお米も売っています。地元新潟産のコシヒカリで、値段は高いけど美味しい。それの新米キャンペーンで葉書出したらおせんべい詰め合わせが当たったので、お礼の意味もこめてここで宣伝しておきます。亀田製菓のお米は美味しい。
 
 ふだんフィルムで撮っているときのノウハウをデジタルカメラに適用して、写真をコントロールする楽しさを満喫しようと計画中。写真の原理原則に立ち戻るにつれ、GR DIGITALの懐の深さが光ってくる。本当に写真を理解している人が設計してるんだなとしみじみ思う。
 
 で、引き続きGR DIGITALの話。この2年ほど使ってきたまとめとして思いついたことをメモっておきます。
 
 コンパクトデジタルカメラは受光素子が小さいゆえレンズの焦点距離も極小。GR DIGITALも例外ではなく、銀塩換算28mm相当といっても実焦点距離は5.9mmしかない。焦点距離が短いことは悪いことではないので、「しかない」というのは適切ではないけど、ふだん28mmとか50mmといったレンズを見慣れている方からするとそんなにちっちゃいのかとひるむ。
 
 で、これをf7.1まで絞ると、絞りの開口径は約0.8mm!回折の影響が懸念されるのも無理ないかと思う。ちなみにGR DIGITALは、フルオート以外のNDフィルタをかまさない状態ではf9.0以上は絞れない仕様になっている。このとき絞りは0.66mmしか開いていない。この辺が限界ということか。NDフィルタのON/OFFモードが欲しい。

■本日のBGM:China Girl/David Bowie
[PR]

by yas_tak | 2007-12-18 23:54 | 日記 | Comments(2)
Commented by raota at 2007-12-20 02:31 x
絞りの口径が1mm以下とは・・(笑)回折の影響を受けない訳がないですね。そこは上手く描画エンジンの方で補正を行ってるのでしょうか。
Commented by yas_tak at 2007-12-21 00:45
>raota様
1mm以下となるとほとんどピンホールカメラの世界です。
ケンコーのピンホールレンズが0.2mmですから。
実際にレンズのぞきこむとびっくりしますよ。


<< TODAY      TODAY >>