Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 23日

『ホルモン焼』

d0116571_23552544.jpg

『ホルモン焼』 CONVERTIBLE HORSEMAN 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @上野・東京

 曇り→雨。
 
 AF一眼レフを手にして以来、ピント合わせは右手人差し指シャッターボタン半押し派だったのを、最近になって右手親指ボディのAFボタン+右手人差し指シャッターボタン派に鞍替えした。合わせたいところにピントを合わせて(それは必ずしも被写体であるとは限らない)自由にフレーミングするという感覚だと、親指AFの方がしっくりくるように感じる。レンジファインダカメラから持ち替えても違和感ないし。

 一眼レフのファインダはピントの合っているところ以外がぼけるので、メインの被写体しか見えなくなってしまうきらいがある。これは優秀とされているファインダ(MF一眼レフとか)ほどその傾向にあるというのは皮肉なことだけど(^^;)。先にもちょっと書いたけど、ピントは被写体に合わせるのではなくピントの中心を置きたいところに合わせるものだということを再確認。

■本日のBGM:まほろば/さだまさし
[PR]

by yas_tak | 2008-10-23 23:54 | 日記


<< 『花』      『ひとくち餃子』 >>