Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:PC( 14 )


2009年 09月 13日

ファイルのバックアップ2

 バックアップの続き。適当なメディアがないので、バルクの3.5インチドライブを利用している。はじめはCENTURYの裸族シリーズの利用を考えたんだけど、シリアルATAのコネクタは頻繁に抜き差しするようにはできていないのでためらう。いろいろ検討しているうちに秋葉原で2000円ぐらいで買える外付けUSBドライブケースに入れることを思いついた。シリアルATAとUSBの変換基板とケーブル、アルミケース、ACアダプタがついて2000円なら悪くない。ファンがついていないので、長時間付けっぱなしには向かないけど、バックアップするときにつなぐだけだから問題なし。普段はケーブル外してビデオテープみたいに並べてある。
[PR]

by yas_tak | 2009-09-13 21:55 | PC
2009年 09月 11日

ファイルのバックアップ

 バックアップやら何やらでHDD内のデータを大量に動かす。普通にやると恐ろしく時間がかかるので、ここは爆速コピーツール「Fastcopy」の出番。同一ドライブ内のコピーでは、メモリ上に専用のキャッシュを置いて(OSのキャッシュは使わないので、システム全体の動作に影響しにくい)大量のデータを一気に動かし、また、別ドライブでの移動でも読み込みと書き込みをマルチスレッドで同時進行させるなどして、各ハードウェアのスペックぎりぎりの転送速度が出るように効率化。トータルでずいぶん速くなる。その他、差分をとったり、ベリファイしてくれたり、各種フィルタをかませたり、いろいろ便利なのでバックアップツールとしても利用できる。こういう小ワザのきいたアプリは楽しい。

 ファイルのバックアップについては、いろいろ問題が多い。今さら数百GB単位のデータをちまちま光ディスクに焼きたくないので、バルクのHDDを安物のケースに入れて定期的にそっちにコピーをするようにしている。それにしてもHDDがバックアップ先というのは心許ない。ランダムアクセス性が犠牲になってもいいので、安定したバックアップ用メディアはないものか。せめて光ディスクが500GBくらい記録できたらいいのになあ。ライトワンスで1000円くらいなら愛用するのに。

http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html
[PR]

by yas_tak | 2009-09-11 22:18 | PC
2009年 01月 07日

Inspiron mini 9のリカバリ

 Inspiron mini 9には一発でHDDの中身を購入時に戻すリカバリディスクがついていないので、何らかの理由でシステムをまっさらにしたい場合は、付属のCD/DVDディスクでWindowsXP~ドライバの再インストールをする必要がある。そんなに頻繁に行う作業ではないけど、CD-ROMを入れ替えたり、その他アプリケーションをインストールし直したりするのは面倒なので、調子のいいときのHDDの中身をまるまるバックアップして、自分専用のリカバリディスクを作っておくといいかも。
 
 システムの載っているCドライブのバックアップはドラッグ&ドロップでコピーしてもだめなので、専用のHDDイメージバックアップ用のソフトを使う。定番はAcronisのTrue Imageだけど、自分はフリーのParagon Drive Backup Expressを使っている。インストール時にユーザー登録をする必要があるけど、お金はかからない。
 
 詳しい使い方はいちいち説明しないけど、バックアップする領域にチェックを入れて、ファイル名を決めて、保存先を指定するだけ。当然保存先はバックアップ対象のドライブ以外に。Drive Backup Expressは、イメージファイルを作成する際に未使用領域などを効率的に圧縮してくれるので、できあがったファイルはディスクの実使用領域より更に小さい容量に収まる。システム&ドライバインストール直後のInspiron mini 9のCドライブなら4GBくらいのUSBメモリで事足りそう。ちなみにInspiron mini 9の32GBSSD(WindowsXPとドライバのインストール直後で3GB弱)をバックアップするのにかかる時間は、30分もかからなかったように思う。
 
 バックアップしたイメージファイルをディスクに書き戻すには、システム起動用のディスクを作っておく必要がある。これもDrive Backup Expressで作ることができる。Inspiron mini 9はUSBメモリで作っておくと便利。で、起動ディスクを立ち上げて、イメージファイルと復元先のドライブを指定して、ファイルが書き戻されていくのを待つ。
 
 Inspiron mini 9を使っている人はOSの「システムの復元」機能を外している人が多いと思うので、ディスクイメージのバックアップは必須じゃないか。購入直後(若しくはWindowsXPの再インストール直後)と、各種アプリケーションをインストールしてシステムが安定している状態の2種類作っておくといいかも。システムをいじくりたおしたり、SSDを入れ替えたりする人は重宝すると思う。
 
 大事な作業だし、英語はちょっと・・・という人はAcronisのTrue Image Personal 2をどうぞ。店頭/ネットで1900円くらいで買えます。

http://www.paragon-software.com/
[PR]

by yas_tak | 2009-01-07 22:23 | PC
2008年 12月 27日

Inspiron mini 9とPortable Google Chrome

 何日か前にInspiron mini 9のブラウザはFirefoxって書いたけどまたまたGoogle Chromeに戻してしまった(^^;)。やっぱり画面周りの使い勝手はGoogle Chromeが一番馴染む。FirefoxをChrome風にするアドオンとかも試してみたけど、色々不具合があるのでそっちもボツ。

 ただ、本家ChromeがSSDのCドライブにしかインストール出来ない&キャッシュファイルが移動できないのは相変わらずなので、今回はUSBメモリ等にもインストールできるPortable Google Chromeを試してみることにした。インストールの手順は特筆すべき点はない。以下のサイトからダウンロードしてきて解凍すると、「Portable Google Chrome」というフォルダができるので、その中の「chrome」fフォルダの「chrome.exe」をダブルクリックすれば起ち上がる。Chromeは多言語対応なので日本語も問題なし。「Portable Google Chrome」フォルダは自分が使いたいドライブに置いてね。デスクトップに解凍してそのまま使うと、Cドライブにインストールするのと変わらないから注意。

http://planet-chrome.de/

 制限事項は以下のとおり。Portable Google Chromeは本家Googleのアップデートサイトに接続できないらしく、アバウト画面では「」というエラーが出ている。問題ないといえば問題ないんだけど、セキュリティ面など気になる向きは「Portable Google Chrome」の作者のサイトをチェックしておこう。Portable Google Chromeがアップデートされたときはブックマークマネージャでブックマークを書き出せばいい。・・・プロファイルかなにかのフォルダをごっそり移せばいいのかもしれないけど、それはまだやったことがない。

 で、うちは「Portable Google Chrome」全体をラムディスク上において、そこで使うようにしている。ただでさえ軽快なChromeがさらに速くなって非常に快適。Portable Google Chromeを使うときに気をつけてないといけないのは、フォルダを移すだけで気軽にアプリーションを移動できるので、ついついSDカードやUSBメモリに入れてどっかになくしてしまうことか。アプリにパスワードは保存しないようにするとか、セキュリティの管理が必要なサイトに接続するのは別のブラウザを使うとか、気をつけた方がいいかも。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-27 21:48 | PC
2008年 12月 23日

Inspiron mini 9と英語キーボード

 Inspiron mini 9を直販で購入すると英語キーボードが選択できる。日本語キーボードに比べてキーピッチが広いので、ちょっとでも入力効率を向上させようということなんだけど、まあ自己満足かも(^^;)。

 ところが買ったままの状態ではなぜかドライバが日本語のままなので、そのまま使うとキートップに印字されているキャラクターと実際に入力されるキャラクターが一致しないのだ。例えば「@」の入力、英語キーボードではシフト押して「2」キーなんだけど、「”」が入力されてしまう。これはInspiron mini 9に限らず、他のメーカー機でも英語キーボードを注文した場合にはよくあることらしい。

 これでは使い物にならないので本体にきちんと英語キーボードを認識させ直す必要がある。ネットでよく見かけるのはレジストリいじったりする方法が大半なんだけど、もうちょっと簡単にやる方法を以下に紹介。
 
1.コントロールパネル開けて、「キーボードのプロパティ」→「ハードウェア」のタブを開ける。
 
2.「デバイス」に「101/102 英語キーボード・・・」が表示されているので、これをクリックして「プロパティ」。
 
3.「ドライバ」のタブを開けて「ドライバの更新」
 
4.「ハードウェア更新ウィザード」で「いいえ、今回は・・・」にチェックを入れて、「次へ」
 
5.「一覧または特定の・・・」にチェックを入れて「次へ」
 
6.「検索しないで、インストール・・・」にチェックを入れて「次へ」
 
7.「互換性のあるハードウェアの表示」のチェックを外す。するとキーボードの一覧がずらずら表示されるので、「製造元」は「(標準キーボード)」、「モデル」は「日本語キーボード・・・」のどれかを選択。
 
8.本当にやっていいのと訊いてくるので「はい」、で、再起動。
 
9.もう一回1-7の手順を繰り返して、「製造元」は「(標準キーボード)」、「モデル」は「101/102 英語キーボード・・・」を選択。
 
10.いろいろ上書きするけど大丈夫?とか訊いてくるのでおっけー、で、再起動。
 
11.シフト+「2」で「@」が出たら成功。おつかれさま。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-23 13:05 | PC
2008年 12月 22日

Inspiron mini 9とSHD-DI9M32G

 バッファローのSHD-DI9M32Gが激遅で使いものにならない。こういうネタは何と比べて/どれくらいの数値でを明示してから語るべきなんだけど、ベンチマークとろうにもソフトダウンロードして立ち上げるのすらイライラするほどだったので、すぐ純正16GBに戻して使っていた。

 で、ネットでいろいろ情報を集めていると、SHD-DI9M32Gは4kのRANDOM WRITEの遅さが顕著で細かいファイルをちょこちょこ書き込むのが苦手であること、FAT32で使っている人は特に問題視していないといったネタがちらほら。ジャンクション機能を使いたいので、できればNTFSでいきたいんだけどなあ。

 そんなわけで、再びインストールCDを引っ張り出してディスクフォーマットはFAT32(デフォルトはNTFSなので注意)、あとは粛々とインストール。SSDは容量が小さいのでフォーマット時間が短いのがうれしい。1TBのHDDなんて大変だ。その後、各種ドライバ、ATOKなんかをインストールし直して、Cドライブの圧縮解除/インデックス・・・の項目はFAT32はないのか。

 一通り作業が終わってから再起動。おお!たしかに劇的に改善されている!純正16GB+NTFSよりむしろ速いくらいじゃないか!

 ただFAT32だとジャンクション機能が使えないのが難。例えばGoogle Chromeのキャッシュファイルをラムディスク上に逃がすことができなくなる。Portable Google Chromeを導入するかメインブラウザをFIREFOXに戻すか、いっそSHD-DI9M32Gは使い潰すつもりで普通にインストールするか。あと4GB以上のファイルは扱えなくなるけど、これはネットブックでやるような作業では問題ないと思う。DVDイメージを直接マウントするのに困るくらいだけど自分はやらない。あ、DVDを普通に再生するのは大丈夫ですよ。

 いずれにしてもSHD-DI9M32GユーザーにはFAT32フォーマットを強く強くオススメしたい。というかWindowsXP標準のNTFSでは使い物にならないと思う。ドライバの改善で何とかなるなら何とかして欲しい>DELL&BUFFALO。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-22 21:47 | PC
2008年 12月 15日

SDカードのフォーマット

 Inspiron mini 9のSDカードにubuntuを入れてブートさせる計画は一時中断。代わりにWindowsXPに資力を集中させようと、SDカードの再フォーマットを行う。ubuntuから散々いじくったSDカードはLINUXのパーティションが残ったままになっているときがあるので、
・マイコンピュータ右クリック>>管理(D)で「コンピュータの管理」を開いて、
・ディスクの管理左クリック>>SDカードを指定、
・右クリックで不要なパーティションを削除してから、新しいパーティションを作ってFAT32でフォーマット
という手順を踏む。うUSBメモリも同様の手順で。間違って関係のないところ(本体のSSDとか)まで消さないように。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-15 22:24 | PC
2008年 12月 13日

Inspiron mini 9とATOK

 Inspiron mini 9を使っていると、一瞬画面がフリーズすることがある。ウェブブラウザでちょっと画面をスクロールさせるとか、アプリケーションを切り替えるときになんかにいきなり画面が止まってしまうのだ。タッチパッドの触り方がまずかったかなと、指でちょこちょこやっていると数秒で何事もなかったかのように動作を受け付けるようになる。これはInspiron mini 9ユーザーの間では「プチフリ」(プチ・フリーズか?)と呼ばれていて、本体ではなくSSDに起因するトラブルということになっている。

 webブラウザでブログなんぞ眺めているときにプチフリされても、あれ?と思うだけでさしてストレスはたまらないんだけど、困るのは文章を書いているときにいきなりキー入力を受け付けなくなるときか。タイピングのリズムは崩れるし、一瞬こっちまで何を書いていたのか忘れてしまいそうになる。
 
 で、せめてテキスト入力だけでもなんとかならないかとATOKの環境設定を見ていると、「辞書・学習」のタブの中に「オンメモリ辞書」という項目を発見。これにチェックを入れておくと、基本辞書をメモリ上において動作するようになるらしい。基本辞書というのがどれくらいメモリを占有するのか知らないけど、とりあえずテキスト入力時のプチフリは激減した(ような気がする)。該当される方は一度試してみてはいかが?

※追記
 ネットでいろいろ検索すると、ATOKのオンメモリ辞書機能ってあまり評判がよくないみたいです。具体的にはATOK16でオンメモリ辞書を使用するとユーザー辞書が壊れるということらしいです。ちなみにうちのATOKは17、いまだ辞書ファイルが壊れたなんてことはありませんが、何かあったらここで報告上げるようにします。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-13 23:39 | PC
2008年 12月 04日

Inspiron mini 9のACアダプタ その2

 昨日の記事の補足。ACアダプタの出力は、プラグの仕様が同一で、電圧さえ同じであれば電流が大きい分には問題ない(Inspiron mini 9は1.58Aだけど、3Aでも5Aでも使えるということ、電流が小さいのはだめ)と書いたけど、それはスイッチングレギュレータを使用したタイプに限ります。トランスとダイオードブリッジのシリーズレギュレータで構成された、大昔のずんぐりむっくりしたげんこつタイプのACアダプタは、消費電流に応じて出力電圧変化するので使えません、というか危険。PCが壊れたり火事になったりして、本当に危険。
 
 ノートPC用として供給されているやつは、ほぼすべてスイッチングレギュレータを使用したタイプのはず。大昔のラジカセに付いていたとか研究室に転がっていた古い計測器から拝借してきたとか、新しいところではPC用のスピーカについていたとか、まあそういうやつはプラグ形状からして合わないんじゃないかと思うけど、絶対に使わないように。
 
 とにかく純正じゃないものをというときは、自己責任で。ACアダプタの構造なんて電子工作の基本中の基本なので、それが理解できない場合は絶対手を出さないようにして下さい。そうでなければ昨日紹介したやつなんて3000円もしない値段で買えるので、そういうのを選んで下さい。もしくは純正品をメーカーに注文。それなら絶対大丈夫。
[PR]

by yas_tak | 2008-12-04 23:35 | PC
2008年 12月 03日

Inspiron mini 9のACアダプタ

 Inspiron mini 9のACアダプタは、電極は外側マイナス内側プラスの「センタープラス」というごくごく一般的な型式。出力は19V/1.58A。電圧は厳密に同じものを使わないといけないけど、電流はPCの方で制御してくれるからこれよりも大きくても大丈夫。小さいのはだめ。サードパーティだと、FILCOのPLS19A/Mなんかが使える(AC100〜240V (WorldWide対応)/DC19V/2A)。ジャンク品など探される方はそれを参考にどうぞ。

http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=586
[PR]

by yas_tak | 2008-12-03 22:45 | PC