Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

TODAY

d0116571_23283794.jpg

FUJICA GS645W EBC FUJINON W 45mm/5.6 FUJI PRESTO400 @根津・東京

 曇り。梅雨は明けたのか。猛暑や大雨は異常気象とは思わないけど、暦がずれるのは気持ち悪い。
 
 川内倫子『りんこ日記2』フォイル刊 をパラパラと。写真家の川内倫子さんが出版社のウェブサイトで書いていた日記(連載は終わったけど)を本にまとめたもの。テキストもさることながら、大きなカメラで仕事をしている川内さんが携帯電話のカメラで撮っているのが面白い。
 
 渡部さんとこのワークショップ申し込もうとずーっと待ってたら一瞬で定員に達してた(T_T)。本が出たばっかりだから仕方ないか。こういうのに縁がないんですよね。

■本日のBGM:緑の日々/オフコース
[PR]

by yas_tak | 2007-07-31 23:30 | 日記
2007年 07月 31日

山田義博『Jr.』

 山田義博『Jr.』大海社刊。モノクロ101ページ。1995年。

 街中で女の子を真正面から撮ったモノクロポートレート。ページ見開き右側に写真、左側にはベタなアンケート、好きなたべものは?とか(^^;)。雑誌の連載なんかでやりそうなネタやけど、どういう意図で企画されたのかよく分からない。素人だけではなくタレントの卵とかも混じっているのかな、よく分からないし興味もないけど。
 
 通りでそのまま撮影してるんやけど、大口径の中望遠レンズを開放付近で使って背景は完全にぼかされ、スナップともポートレートとも違う独特の空気が漂う。曇りの日か夕暮れ時の光線がフラットなときを狙って撮っているのがいい。どれもこれもポートレートのレンズの使い方としてはありふれているにしても、一冊まるまるそれだけで撮られていると壮観…なんて、写真云々するような本じゃないんでしょうね、これ(^^;)。でも、ある時期ある場所で(1995年7月の渋谷らしい)同じテーマでカメラを構え続けることの重要性と、何らかの意志を持ってカメラの前に立っていたモデルさんたちであるのが、10年以上経ってそういう意味性が完全に失われ、ただただ写真だけが残っているという状況が面白くて、ときどき眺めてしまう。
 
 神保町のきちんとした古書店で買ったけど(それでも1000円しない)、ブックオフなんかでは特価300円とかの棚につっこまれていそう。こういうの探すと見つからないんよね。
[PR]

by yas_tak | 2007-07-31 22:59 | 写真集
2007年 07月 30日

TODAY

d0116571_035570.jpg

FUJICA GW670 II EBC FUJINON 90mm/3.5 FUJI PRESTO400 @平井・東京

 曇り。お昼くらいに一時真っ暗になって大雨。

 YASHICA ELECTRO 35MCで撮った写真を眺めてるんやけど、遠景がいまいちかな。2m~7mくらいのスナップ領域では立体感のある描写するんやけど、そこを超えるととたんに頼りなくなる。絶対的な解像度が不足してるんやろうね。このカメラの使い方を考えると、レンズの設計としては正解か。

■本日のBGM:Forever Man/Eric Clapton
[PR]

by yas_tak | 2007-07-30 23:25 | 日記
2007年 07月 30日

鈴木理策『Saskia』

 鈴木理策『Saskia』Little More刊。2001年、カラー60ページ。
 
 友人であるサスキアさんの結婚式に招待され、アメリカまで出かけていく次第を撮ったもの。招待状片手に会場に向かうところから始まり、結婚する二人や家族の表情、楽器を演奏する人、丘の上の式の様子などが時系列に、ヨーロッパのショートムービーのように納められている。友人だからとか写真家だからとかそういうのを超越した視点であり、ドキュメンタリーでもないし演出でもない。画面の隅々まで幸福感が充満していて、写真でこんな空気が表現できるのかとびっくりした。
 
 鈴木理策さんの写真は、木村伊兵衛賞の、恐山に行く道中でお坊さんの後姿とか一眼レフで何か撮ってるやつ、『PILES OF TIME』やっけ、くらいしかまともに見たことなかった。あれもロードムービーみたいな構成になっていて、ちょっと面白いなとは思ってたんやけど、この『SASKIA』でようやく事の本質が分かりかけてきた気がする。他の作品もまじめに見てみます。
 
http://www.littlemore.co.jp/book/kobetsu/art/saskia.html
[PR]

by yas_tak | 2007-07-30 22:16 | 写真集
2007年 07月 29日

TODAY

d0116571_092686.jpg

FUJICA GS645W EBC FUJINON W 45mm/5.6 FUJI PRESTO400 @弥生町・東京

 曇りときどき雨。

 2-3日前から、複数の人から「これはオハラさんの携帯ですか?」という電話がかかってくる。しっかりして下さい>オハラさん。

 せっせとスキャン。

 夕方頃に一旦雨が上がる。近所の小学校まで投票に行く。

 タイムサービスを狙って市川駅高架下のスーパーへ遠征するも、お目当てのお刺身は影も形もなく、ウナギの蒲焼きばかり。売れてないねー>ウナギ。

 アカシヤの蜂蜜ってけっこういけるね。

 夜はもう選挙に釘付け。

■本日のBGM:On The Road/浜田省吾
[PR]

by yas_tak | 2007-07-29 23:09 | 日記
2007年 07月 29日

中川右介『ブームはどう始まりどう終わるか』

 中川右介『ブームはどう始まりどう終わるか』岩波アクティブ新書刊 を読む。中川さんといえばカメラジャーナルのアルファベータの代表取締役社長でおなじみ。一時チョートクさん絡みのカメラ本やら渋い写真集やらいっぱい出してたのに、最近はどうしたんやろうと思ってたら、そういうことだったのか…という話。クラシックカメラブームの巻き込まれた中川さんの体験談というか反省文というか。
 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブームは予測できない、でもいつかは終わる。
ブームで成功するためには、ブームを発見すること。
たまごっち、ボウリング、角川映画…ブームの栄枯盛衰。
大きなブームからマイブームへ。
ブームは報道によって変質する。
撤退するための判断基準。
クラシックカメラブームから学んだブーム8つの法則。

序論 「ブーム力」と「ブームの壁」(ブームとヒットの違い;ブームは商品寿命を短くする ほか)
第1章 ブームの発見―一九九三年‐九四年(中古カメラブームが新聞で報じられる;ブームの背景 ほか)
第2章 ブームの構造―一九九五年‐九七年(教祖の登場;聖地の発見)
第3章 ブームの変質―一九九七年‐二〇〇〇年(メディアの影響;他業種からの参入 ほか)
第4章 ブームの終焉―二〇〇〇‐〇三年(成功は失敗を隠す;前年割れの理由はすぐに見つかる ほか)
何がブームになるかは誰にもわからないし,いつかは終わる.どのように頂点を迎え,何がきっかけで退潮し,終焉していくのか.クラシックカメラブームの経験をふまえ,考察する.


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 文章はわかりやすいし、一般論として読んでも面白いけど、クラシックカメラブームを知っている人だったらさらに楽しめるはず…耳が痛い人も多いか(^^;)。中古カメラ屋さん巡りが好きな人にとってはめちゃめちゃ近しいネタなんやけど、カメラ関係の書籍として語られることは少なそう。でもアルファベータから出ている写真集っていいのが多いんよね。『東京ニコン日記』とか『Wien New York Niigata』とか最高。
[PR]

by yas_tak | 2007-07-29 22:30 |
2007年 07月 28日

TODAY

d0116571_042297.jpg

FUJICA GS645W EBC FUJINON W 45mm/5.6 FUJI PRESTO400 @西片・東京

 晴れ。猛暑。

 根津の某O書林を覗いて、弥生町~本郷~西片~白山。都営三田線で神保町まで戻ってさらに古書店回り。三省堂本店では梅佳代さんがサイン会をやっていた。

 某K文庫の店主さんにレジで本を包んでもらいながら少し話をする。「あの、写真は仕事で?」「趣味ですけど。」「いつも渋いやつ選んでいかれるので、そういうのに携わる仕事の人かと思ってました。」…みたいな話。K文庫自体、よそであまり見ないものをいろいろ置いているので、ここで本を買うと自然と渋いセレクションになるんじゃないかと思うけど(^^;)。

 新宿に出て修理の上がったBESSA R2Mを受け取る。てっきり信州長野に戻っているのかと思ったら、日研テクノの伝票が付いてた。ピカピカで気持ちいい。

■本日のBGM:Steppin' Out/Joe Jackson
[PR]

by yas_tak | 2007-07-28 23:25 | 日記
2007年 07月 27日

TODAY

d0116571_1591530.jpg

FUJICA GW 670 II EBC FUJINON 90mm/3.5 FUJI PRESTO400 @北方・千葉

 晴れ。
 
 そろそろ夜が寝苦しい。寝る直前にエアコンで室温下げても布団が熱いままなので全然寝付けない。布団乾燥機で風だけ送って冷やしてみようかな。
 
 デジタルカメラ用の予備バッテリーを注文。PENTAX K10D用はSANYOのセルを使ったもので2500円、RICOH GR DIGITAL用は、こっちはやや不安の残る台湾メーカー製のセルで、900円くらい。どちらも純正の1/3~1/4くらいの値段なんですよね。

■本日のBGM:When Doves Cry/Prince
[PR]

by yas_tak | 2007-07-27 23:58 | 日記
2007年 07月 27日

パノラマの街角

d0116571_1564894.jpg

WIDELUX F6B LUX26mm/2.8 FUJI PRESTO400 @神保町・東京
[PR]

by yas_tak | 2007-07-27 23:55 | パノラマ写真
2007年 07月 26日

TODAY

d0116571_0195594.jpg

FUJICA GW670 II EBC FUJINON 90mm/3.5 FUJI PRESTO400 @北方・千葉
 曇り。
 
 ヨーロッパでは40℃を超える猛暑とか。地球の温暖化が直接の原因でないにしろ、こういうことで危機感を持った方がいい。
 
 巻き戻しノブのクランクレバーが外れてどっかいったBESSA R2Mの修理が完了した様子。新品のパーツで修理がきくというのはうれしい。
 
 ウナギが全然売れないとか何とか。昔は鰻丼といえばごちそうだったのに最近は一切れ200円とかでしょ。安産性を確保したければ昔並みの高級食材に戻せばいいのに。お寿司なんかもそうやけど、何でも安くすませようとしすぎ。
 
■本日のBGM:Lady Stardust/David Bowie
[PR]

by yas_tak | 2007-07-26 23:19 | 日記