Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

『タオル』

d0116571_0162124.jpg

『タオル』 LEOTAX FV RUSSAR 20mm/5.6 KODAK Tri-X @立石・東京

 曇りときどき晴れ。

 遅まきながら今月号の写真工業誌はバルナックライカ特集。与太話ばかりなんだけど、パラパラっとめくっているうちに買ってしまった。レオタックスも紹介されているし。

 ちなみにレオタックスって本家バルナックライカに比べてほんのちょっと大きいんですよね。当時の日本の工業力ではダイキャストボディをドイツほど薄く仕上げることができず、その結果肉厚になった分、文字どおり一回り大きくなった。

 青山ブックセンターが再破綻。六本木のお店は洋書写真集の品揃えがよくて重宝していたのに残念だ。アート系の本が中心では商売は難しいのかなと思っていたら、そもそもの破綻の原因は不動産投資の失敗とか(^^;)。再支援を申し出ているのがブックオフというのは微妙なところ。

■本日のBGM:Speed King / Deep Purple
[PR]

by yas_tak | 2008-07-31 23:15 | 日記
2008年 07月 30日

『ラパン』

d0116571_2356215.jpg

『ラパン』 LEOTAX FV RUSSAR 20mm/5.6 KODAK Tri-X @立石・東京

 晴れときどき曇り。
 
 コニオメガの広角用ファインダがコンバーチブルホースマン(6×7)にぴったり。

■本日のBGM:Star Guitar / Chemical Brothers
[PR]

by yas_tak | 2008-07-30 23:57 | 日記
2008年 07月 29日

『迷惑駐車お断わり』

d0116571_23351249.jpg

『迷惑駐車お断わり』 BESSA R2M BIOGON T* 35mm/2.0 FUJI PRESTO400 @船橋・千葉

 ※よく見たら送りがな間違ってるな。

 晴れ。日差しにキレが戻ってきた・・・なんて思っていると午後から曇り。
 
 森谷修さんの「ライカの魔法」エイ出版刊をパラパラと。CLにGホロゴン改から入るあたりマニアック。プリントもきっちり作りすぎで、気楽なライカ本という感じではない。初心者から見ると「えーここまでしないと楽しめないの?」ってなるか、もしくは何も考えないで手を出して、カメラやレンズの値段にドン引きしたり、作例と自分のレベルの差にショックを受けるとか。語り口はやさしいけど、要求していることはかなりハイレベル。そもそも「お気楽ライカ本」ではないか(^^;)。良くも悪くも上級者向け。

■本日のBGM:Elected / Alice Cooper
[PR]

by yas_tak | 2008-07-29 23:34 | 日記
2008年 07月 28日

『点』

d0116571_2352890.jpg

『点』 BESSA R2M BIOGON T* 35mm/2.0 FUJI PRESTO400 @船橋・千葉

 曇り。
 
 コシナがツァイスのレンズを作るのは納得できるんだけど、パナソニックのデジカメのレンズに「LEICA」って書いてあるのはちょっと違和感。でも「LX3のレンズってズミクロンらしいですよ!」って興奮している人がいることからしても、それなりに売り上げに貢献しているのかも>LEICA銘。しかし「バリオ-ズミクロン」なんて名前よく思いつくよなあ(^^;)。「Panasonic LENS」とかにした方がストイックでかっこいいのに。

■本日のBGM:Dude (Looks Like A Lady) / Aerosmith
[PR]

by yas_tak | 2008-07-28 23:51 | 日記
2008年 07月 27日

『ジャンボ宝くじ』

d0116571_0141925.jpg

『ジャンボ宝くじ』 Bessaflex SMC-Takumar 35mm/2.0 KODAK Tri-X @銀座・東京

 曇りときどき晴れ、というか雲越しに熱線を浴びせられている感じ。
 
 とりあえず京成。立石方面に出るつもりが気が付いたら本線に乗っていた。しょうがないのでお花茶屋駅で下車。で、四ツ木~立石と撮り歩く。立石駅前のドトールで休憩。冷房目当てのおばさんで店内は大混乱。

 関係者が楽しみにしていた、近所の小学校の盆踊り大会が雨で中止。

■本日のBGM:愛の世代の前に/浜田省吾
[PR]

by yas_tak | 2008-07-27 23:13 | 日記
2008年 07月 26日

『干し茄子』

d0116571_0483985.jpg

『干し茄子』 PENTAX K20D DA35mm/2.8 MACRO @本八幡・千葉

 曇りたまに晴れ。
 
 100円で詰め放題の茄子を買ってきた。食べ切れない分は、軽く蒸して4つに裂いて干し茄子に。乾燥させると日持ちするし、水で戻して煮物にしたり麻婆茄子にしたり。生食より干した方が美味くなるというのは中国的発想で素敵。
 
■本日のBGM:Bullet the Blue Sky / U2
[PR]

by yas_tak | 2008-07-26 23:47 | 日記
2008年 07月 26日

『サーカスの時間』本橋成一

d0116571_23164765.jpg


 本橋成一『サーカスの時間』筑摩書房刊。1980年、モノクロ。

 帯には「本邦初のサーカス写真集」となっている。本橋成一さんの仕事であるから、サーカス写真といってもボリショイやらシルク・ド・ソレイユのド派手なパフォーマンスをデジタル一眼で連写するようなものではない。旅から旅へ町はずれの空き地にテントをかけて興行するサーカス団。楽しくて、おかしくて、どっかいかがわしくてもの悲しい。華やかなステージと舞台裏、固唾を飲んで見守る観客、夕闇に包まれるテント・・・「サーカスの時間」をモノクロで優しく追いかける。
 
 サーカスが街にやってくるというと、遠くの方からマーチが聞こえてきたりとか、ピエロがビラを配りにきたりとか、一団の子供は1ヶ月ですぐ転校してしまうとか。怪しげな都市伝説としては、遅くまで遊んでいるとピエロにさらわれるとか、身体を柔らかくするために酢を飲まされるとか。我々にあらゆる非日常をもたらしてくれるサーカスの、その中で暮らしている人々にとってはサーカスこそが日常であるというのがレンズを通して伝わってくる。
 
 小学生の頃、木下大サーカスとかキグレサーカスに何回か連れて行ってもらったことがある。綱渡りや空中ブランコ、オートバイが金属のカゴの中でぐるぐる回っているシーンとかが印象に残っている。そういやサーカステントの周りはいつもぬかるんでいた。
 
 『サーカスの時間』については、以前にJCIIの写真展のパンフレットを紹介しています。そちらも合わせてどうぞ。

http://neverbb.exblog.jp/5767959
[PR]

by yas_tak | 2008-07-26 23:32
2008年 07月 24日

『裏ミッキー』

d0116571_0123356.jpg

『裏ミッキー』 LEOTAX FV ORION-15 28mm/6.0 KODAK Tri-X @押上・東京

 曇りときどき晴れ。

 鰻に瓶ビール。

■本日のBGM:天城越え/石川さゆり

 
[PR]

by yas_tak | 2008-07-24 23:12 | 日記
2008年 07月 24日

ORION-15 28mm/6.0

d0116571_23511598.jpg

LEOTAX FV ORION-15 28mm/6.0 KODAK Tri-X @本八幡・千葉

 ORION-15 28mm/6.0はトポゴンコピーの広角レンズ。本家と同様きわめて曲率の大きいメニスカスレンズ4枚を前後対称に(())こんな感じに組み合わせてある。同じくトポゴンコピーのニッコールが25mmなのに対して、オリオンが28mmなのは設計・製造に自信がなかったからちょっと大きめに作ったと言われているけど、どうなんだろう(^^;)。
 
 絞りダイアルを全開のf6.0に合わせても絞り羽根が開ききっていないことからして、本家と同様F4.0はいけそうなんだけど、開放の描写に自信がなかったので、F6.0までしか開かないようにしたとか。これもどうなんだろう(^^;)。
 
 全体的に妥協の産物のカタマリといえなくもないが、基本設計の良さと後出しじゃんけんの強みが効いているのか、非常によく写る。特に歪曲収差の少なさは特筆もの。対称型レンズの弱点とされる周辺光量落ちも絞りをf6.0までしか開けないという後ろ向きだけど効果的な方法で解決している。
 
 アルミ地金むき出しのスカスカの筐体は、チープなロシアンレンズの中でも1、2を争うチープさで、この外観に我慢できるかどうかが使いこなしのカギか。2万円くらいで出ていたら買っておいてもいいんじゃないか。
 
 トポゴンとその一族であるところのニッコール2.5cmF4については以下のニッコール千夜一夜物語の記述が面白い。

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/n29j.htm
[PR]

by yas_tak | 2008-07-24 23:00 | カメラ
2008年 07月 23日

『店先』

d0116571_01473.jpg

『店先』 Bessaflex SMC-Takumar 24mm/3.5 KODAK Tri-X @銀座・東京

 曇り。
 
 梅雨も明けたので、靴底全面メッシュのAIRRIGHT COOLに履き替え。

  「今日もどこかでデビルマン」の作詞は、阿久悠だった。

 ロシアンレンズ祭りも一休みと思っていたところ、チョートクさんのブログで、トポゴンやのニッコール25mmやのが話題に。これはオリオン祭りで対抗しないといけないかな。
 
■本日のBGM:今日もどこかでデビルマン/十田敬三
[PR]

by yas_tak | 2008-07-23 23:13 | 日記