Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

『銘菓堂』

d0116571_22505977.jpg

『銘菓堂』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI ACROS100 @幕張・千葉

 曇り。
 オートコードにトライX。出がけに露出を測ろうとしたら、デジシックスの電池が切れている。そんなに使うものではないけど、ないと寂しい。しょうがないので、電池の要らないスタジオデラックスを引っ張り出す。

 とりあえず神保町。恒例の神田古本市をやっている。ワゴンセールも人気だが、本を買う気分ではないし、自分の探しているような本はこういうところには並びにくい。だいたいプロのワゴンセールには掘り出し物は出ないような気がする。それより日曜日に閉まっているお店が開けていることが珍しい。

 三田線に乗って、板橋区役所前。先週の最後になぞったルートを逆行して、大山近辺まで撮り歩く。

 大山から熊野町、池袋本町、下板橋。踏切を渡って、豊島区のゴミ焼却場の煙突を目印に池袋。

 山手線で新宿。ヨドバシでフィルムを買って、都営新宿線で本八幡。

■本日のBGM:サボテンの花/チューリップ
[PR]

by yas_tak | 2010-10-31 22:53 | 日記 | Comments(0)
2010年 10月 29日

『食堂』

d0116571_11234381.jpg

『食堂』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @津田沼・千葉

 曇り。
 
 うちのブログへのアクセスはせいぜい一日に数10件くらい。話題が、カメラ、モノクロ、写真集、街撮り、あと音楽と日常のよしなしごとであり、何かの検索でたどり着いた中からたまたま嗜好の合った人が、定期的に読みに来てもらえているのなら、順当なアクセス数ではないだろうか。ありがたいことです。
 
 中でも写真集については継続的に紹介しているのだけど、古書店で一点買いしているものが多いので、興味を持ってもらえても実際に目にする機会がないというのは心苦しいところ。とりあえず表紙を載せてあるので、こういう趣味もあるんだという程度に楽しんで下さい。

■本日のBGM:街は今日も雨さ/SION
[PR]

by yas_tak | 2010-10-29 23:23 | 日記 | Comments(2)
2010年 10月 28日

『トラクター』

d0116571_2313572.jpg

『トラクター』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @鷺沼・千葉

 雨。
 
 東京は一日10℃前後で、12月下旬並みとか。まだ10月の終わりなのに年末の寒さ。地球の温暖化が進むと、いずれ四季の区別がなくなって夏と冬だけになるといわれているけど、こういう状態を指すのね。ここ数日の冷え込みは一時的なものだろうけど。そうそう、台風も来てるんだよね。

 ハイドン交響曲全集(8CD)というボックスセットがある。ハイドンの交響曲は全部で104曲あるので、普通に収録したら30枚組以上だろうと思ってパッケージを確認すると、「高音質MP3 320kbs」となっている。なるほど、CD-DAではなくMP3に圧縮して収録してあるわけね。PCで聴くほか、MP3ファイルを直接再生できるCDプレーヤも多いので、非圧縮にこだわりがないのならこういうのもありか。
 
 MP3ファイルを、ネット配信ではない物理媒体で販売するというのは、ロックやポップスではたまに見かけるけど、クラシックでは珍しい。他に思いつくのは、ナクソスがショパン生誕200年を記念して出した「ショパンひみつメモリ」くらいだ。こっちはひみつメモリというくらいだから、CD盤ではなくUSBメモリで、楽曲だけでなく各種データベースなども収録されている。そのうち買おうと思っていたんだけど、店頭ではまだ見たことがない。

■本日のBGM:わかって下さい/因幡晃
[PR]

by yas_tak | 2010-10-28 23:15 | 日記 | Comments(2)
2010年 10月 27日

『干支』

d0116571_22375117.jpg

『干支』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @鷺沼・千葉

 晴れ。
 
 続きものの夢を見ることが多い。新規なストーリーを2-3日続けてみて、最後にようやく続きものだったかと気がつくこともあれば、もう何年もの間、どこか知らない街が舞台になっていて、毎回そこで活劇を繰り返しているとか、いろいろなパターンがある。いずれにしても最初に見た夢の印象が強烈で、その後は続きを順番に想像しているということなんだろうけど、見ている方からすれば壮大なストーリーの断片を細切れに明かされているという感じで、ちょっと楽しみなのだ。

■本日のBGM:Lady Stardust / David Bowie
[PR]

by yas_tak | 2010-10-27 22:39 | Comments(2)
2010年 10月 26日

『祠』

d0116571_23332340.jpg

『祠』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @鷺沼・千葉

 曇り、午後ときどき雨。
 
 目の前で建築の話をしているサラリーマン。会話の内容からして安藤忠雄と黒川紀章をごっちゃにしているっぽい。「コンクリート打ちっ放しの…」とか「選挙の時に奥さんと…」とか。

 携帯電話の機種変更を思案中。現有モデルでも特に不満はないのだけど、いかんせん料金プランが古く、とっくの昔に電話機本体の減価償却を終わっていることを考えると、割高感ありまくりなのだ。新しい料金プランに変更するためには機種変更必須なのだが、カタログ眺めても店頭で触っても、どれもこれもぱっとしない。じゃあ、流行のスマートフォンにするかとそっちのカタログを眺めているわけだけど、まあ持っていればそれなりに使うと思うけど、うーむ。

■本日のBGM:砂の船/中島みゆき
[PR]

by yas_tak | 2010-10-26 23:35 | 日記 | Comments(0)
2010年 10月 25日

『より道』

d0116571_23291258.jpg

『より道』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @津田沼・千葉

 曇り→雨。
 
 通勤用のリュックが壊れたので、以前使っていたかばんを引っ張り出してきた。青木という日本のメーカーのもので、皮革も縫製もしっかりしている。革の塗りの風合いを出すために撥水加工を最低限に抑えてあるので、雨の日は気を遣う。難点はでかいカメラが入らないことくらいか。
 
 昼過ぎからやや難聴気味。ノイズキャンセルのヘッドフォンをしてるみたいというか、微妙な感じ。音が聞き取りにくいというより、全体的に感度が落ちているのを増感して聴いているような。会社出たら治った。疲れ気味かな。

■本日のBGM:12号室/SION
[PR]

by yas_tak | 2010-10-25 23:30 | 日記 | Comments(0)
2010年 10月 24日

『電柱』

d0116571_2238162.jpg

『電柱』 COnvertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @鷺沼・千葉

 曇り。思ったほどに晴れなかった。

 コンバーチブルホースマンにトライX。

 都営地下鉄の一日乗り放題500円券が出ていたのでちょっこし遠出、三田線で蓮根。

 ~西台~高島平、大東文化大の裏手を抜けて、再び西台。徳丸から東武練馬に抜けるつもりが、得体の知れない羽虫の大群にたかられて、ハチに襲われたクマのプーさんよろしくあちこちを逃げ回っているうちにすっかり道が分からなくなった。太陽も出てないし、衛星放送のアンテナの向きを頼りに不動通りまで出て、なんとか東武練馬着。

 東武東上線に乗って大山。すっかり暗くなっている駅周辺をぶらぶら撮り歩いて、都営三田線の板橋区役所前駅。神保町で都営新宿線に乗り換えて本八幡。

 駅から出てきたら雨が降っていた。今日の収穫は120ロールフィルム4本。まあまあかな。

■本日のBGM:Heartbreaker / Led Zeppelin
[PR]

by yas_tak | 2010-10-24 22:41 | 日記 | Comments(0)
2010年 10月 23日

『スポーツニッポン』

d0116571_22594067.jpg

『スポーツニッポン』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @津田沼・千葉

 曇りときどき晴れ。

 NHKのサイトで、昨日見損なったフィギュアスケートのNHK杯女子SPを見る。余計な解説はないし、マルチアングルだして、至れり尽くせり。

 ダークバッグでデイロールの中にトライXを詰める。イルフォードやらケントメアやらいろいろなフィルムを使うと、なぜトライXが定番なのか非常によくわかる。

■本日のBGM:And She Was / Talking Heads
[PR]

by yas_tak | 2010-10-23 23:08 | 日記 | Comments(0)
2010年 10月 23日

『Nebraska Photographic Documentary Project 1975-1977』Starck, Robert : Dance, Lynn

d0116571_10384943.jpg


 Starck, Robert : Dance, Lynn『Nebraska Photographic Documentary Project 1975-1977』ネブラスカ大学刊、1977年、モノクロ。

 「ネブラスカ」と聞くと、スプリングスティーンのアルバムを思い出すことになっている。自宅の4トラックカセットデッキで録音されたデモテープを、ほとんどそのままのカタチでLPにしたというマニアックな作品で、当時は渋すぎて敬遠気味だったのが、今では一番の愛聴盤になっている。
 
 で、勝手にラスベガス崩れのテーマパークみたいな街並みを想像していたのだが、それは件のLPからシングルカットされた「アトランティックシティ」のPVのイメージであった。実際のネブラスカは州都がリンカーン、最大の都市はオマハということで、典型的な中西部の街並みだったそういえば、スプリングスティーンの曲では、無差別連続殺人犯が逃げ延びてくる街だった。
 
 写真集の話に戻る。本作はネブラスカ州在住の写真家2人が、2年間にわたってネブラスカに生きる人々の生活を坦々と記録した写真集で、ウォーカー・エヴァンスから連綿と続く、アメリカの社会派ドキュメンタリーの王道を行くものだ。

 パン屋のおじさんおばさん、銀行の重役会議のメンバー、重量挙げのチャンピオン、ミス・ネブラスカ、ダンサーが踊っているバー、建国200年のパレード、星条旗を持って立つ少女、墓地、小学校、教会、卒業アルバム、トウモロコシ畑…、雑多な被写体が、ガランとしたメインストリートを車で流しているときの風景のように、ゆったりと視界を横切っていく感じ。

 ある時期/ある地域の、日々の生活を坦々と記録するのが本スジの写真集で、唯一大変な事件に巻き込まれてしまった人のポートレートが収録されている。「Carol Burned-Out Apartment, lincoln, 1976, LD」と題された写真で、火事で焼けてしまったキッチンの前で、キャロルさんとおぼしき女性が呆然と立っている。キャロルさんには気の毒だけど、街全体からすればこれもまた一つの日常だ。

 本作とは直接関係ないけど、FSAプロジェクトの写真が以下で閲覧できる。いいねえ。

http://lcweb2.loc.gov/ammem/fsahtml/fahome.html
[PR]

by yas_tak | 2010-10-23 09:14 | 写真集 | Comments(0)
2010年 10月 21日

『多津の湯』

d0116571_232048.jpg

『多津の湯』 FUJICA GW670 II EBC FUJINON 90mm/3.5 FUJI ACROS100 @海神・千葉

 曇りときどき雨。
 
 うちのページの検索ワードで、「GW670」とか「コンバーチブルホースマン」が上位に来ているのは、作例を探している人が多いということなんだろう。コンバーチブルホースマンはマニアの間では一定の評価のあるカメラだけど、GW670は営業写真用のGW690を写真作家用にモデファイしたという微妙な立ち位置のカメラなので、これで検索してくる人はよほどこだわりのある人だ。そういえば以前GF670の間違いで検索しているんじゃないかと書いたら、「GW670の検索で間違いないです」とコメントをいただいたことがあった。
 
 先にも書いたように、フジカのGWシリーズは、それまで大判カメラで撮影していた団体記念写真等を、中判のロールフィルムでこなせるように開発されたもの。中古でよく見かけるのは6×9判のGW690と6×8判のGW680で、6×7のGW670は珍しい…はずなんだけど、そもそもGW670狙いの人も少ないので、他のモデルと同じくらいか少し安いくらいの値段で出ていることが多い。
 
 レンズは共通で、EBC FUJINON 90mm/3.5がついている。集合写真用に開発されただけあって、一人一人の顔がよく分かるよう細かいところまで良く写り、すみずみまで歪曲も少ない。素晴らしいレンズだ。

■本日のBGM:蛍/SION
[PR]

by yas_tak | 2010-10-21 23:19 | 日記 | Comments(0)