<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

中国南方航空の飛行機の中

中国長春行きの飛行機を待っています。吉林市の実家にもブロードバンドが開通したので、あちらでブログの更新をと思っていたのですが、が、エキサイトブログは中国で規制対象らしく、アクセスできないとか(>_<)。そういうわけで、これが連休最後の更新になるかもしれません。ではでは!
[PR]

by yas_tak | 2011-04-29 14:17 | 日記 | Comments(0)
2011年 04月 26日

『変身ポーズ』

d0116571_23372197.jpg

『変身ポーズ』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @新河岸・東京

 晴れ。
 リンリンが某社の通訳/翻訳担当者のテストを受けるというので、出された問題。何問かあるうちの1つがまったく意味が分からないというのでこちらに送ってきた。以下はその文章。オリジナルは中国語なので、それの大まかな訳だけ載せておいた。たしかにオチが分かりにくいな。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 中国の皇帝の元に、とある小さな国から贈り物が届いた。それらは黄金の小さな人形で全部3体あった。持ってきた使者は以下のようなことを言った。これら3つの人形はまったく同じに見えますが、実はそれぞれ価値が異なるものです、皇帝にはその違いがお分かりになりますか。

 皇帝はさっそく職人や学者を集めて、人形の材質、重さ、仕上げの丁寧さなどを丹念に調べさせたのだが、どれもまったく同じものであった。さてどうしたものかと思ったところ、もう引退したかつての大臣が出てきて、私が調べてみましょうといった。

 大臣は3本の藁を取り出した。一つめの人形の耳に藁を通すと反対側から出てきた。2つめの人形の耳に藁を通すと口から出てきた。3つめの人形の耳に藁を通すと、お腹の中に入り、音もなく吸い込まれてしまった。一番価値のあるのは3つ目の人形ですねと言った。使者は黙って是とした。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■本日のBGM:車線変更25時/キンモクセイ
[PR]

by yas_tak | 2011-04-26 23:40 | 日記 | Comments(3)
2011年 04月 25日

『クラリネットの練習をしている人』

d0116571_21515598.jpg

『クラリネットの練習をしている人』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @新河岸・東京
 
 晴れ。
 
 朝からベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」が頭の中で鳴りっぱなし。
 
 日曜日にヨドバシカメラでチェックしていたのは、キヤノンのPowershot X30 ISというカメラで、カタチは一眼レフっぽいけど、ペンタプリズムやミラーじゃなくて、電子ビューファインダを覗くようになっている。ボディと一体式のレンズは換算24-840mmというものすごいズーム比率で、自分では絶対手にすることのないジャンルのカメラだ。こういうの外人の観光客がよくぶら下げているんだよね。
 
 それはさておき、今回の買い物で一番関心したのは、キヤノンのカタログ写真のうまいことか。webや紙のカタログで見るかぎり、本機はデジタル一眼レフEOSシリーズの末弟のような質感なのだが、実機を触ってみると本当にこれを買って帰っていいのだろうかと不安になるレベル。いくら指名買いとはいえ心が痛んだよ。興味がある人は、webでしっかりイメージを刻み込んで、量販店で体験してみて下さい。
 
 せっかくだから、吉林に持っていったら少し撮らせてもらおうと思う。意外とはまったりして。

■本日のBGM:パリは燃えているか/加古隆
[PR]

by yas_tak | 2011-04-25 21:46 | 日記 | Comments(2)
2011年 04月 24日

『三人家族』

d0116571_2346228.jpg

『三人家族』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @新河岸・東京

 晴れ。昨日の荒天が嘘のよう。

 新宿で買い物。

 まずは伊勢丹で宝宝の肌着。中国では男女に関係なく赤い服を着せるのよということなので、とりあえずそれっぽいものを物色。さすが百貨店だけあって、ベビー用品売場にも有名ブランド店が並んでいるのだが、ブランド・キャラクター系の商品って、どことなく下品というか、親の自己満足全開でかわいくないんだよね(^^;)。結局コンビやらピジョンやらのなじみのメーカーのがすっきり落ち着いている感じ。

 それが終わったら、西口のヨドバシカメラでキヤノンの一眼レフっぽいけど一眼レフじゃない、こういうのなんて言うんだろう、自分用では絶対買わないタイプのデジカメをチェック。本当にこんなものでいいのかなと思うのだけど、依頼者の指名買いだからしょうがない。うー、それにしてもなあ。

 ヨドバシを出たのは17時少し前。この時期まだまだ陽は高いのだけど、両手が荷物でふさがってしまったので写真は撮らず。都営新宿線で帰宅。

■本日のBGM:負けるもんか/バービーボーイズ
[PR]

by yas_tak | 2011-04-24 23:47 | 日記 | Comments(2)
2011年 04月 20日

『チューリップ』

d0116571_23224860.jpg

『チューリップ』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @新河岸・東京

 曇りときどき晴れ。
 
 うちの職場からも震災ボランティアに参加している人がいるとかで、それの報告があった。
 
「えーっとうちから行った人たちはですね、直接津波をかぶった地域ではなく、放射性物質云々で住んでいるところを離れざるをえなくなったみなさんが集まっている避難所ということですから、まあ、地震の被災者というよりは、原発で迷惑を被っている人たちということになりますか。で、そういうところにK済産業省のネーム入りの作業着で行かれているわけでして…」

 うーむ、それは大変だなあ(^^;)。

■本日のBGM:Take It Easy / The Eagles
[PR]

by yas_tak | 2011-04-20 23:24 | 日記 | Comments(0)
2011年 04月 19日

『ぬいぐるみ』

d0116571_22563524.jpg

『ぬいぐるみ』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @新河岸・東京
※デルタ・インテグラーレにキティちゃん…

 雨。
 
 ディスクユニオン神保町店の声楽の棚に「1812年」というタイトルのCDを見つけた。チャイコフスキーの「序曲 1812年」は、クライマックスで大砲がドッカンドッカン鳴る(楽譜で指定してある)ことで有名で、クラシックファンのみならずオーディオマニアの間でも人気だ。たいていのCDは大砲の実音をオーバータブしてあり、演奏の出来よりもドッカンドッカンの迫力に注目してCDを買いそろえる人も多い。ちなみにコンサートホールに大砲を持ち込むのは無理なので、実演では大太鼓あたりで代用されるのだが、打楽器奏者が渾身の力を振り絞って叩く大太鼓の迫力はものすごく、大砲じゃないんだろ太鼓だろと思って聴いているとびっくりさせられる。いずれにてもこのCDは管弦楽曲のコーナーに並んでいるのが普通であり、声楽の棚で見かけるのは珍しい。
 
 今回のCDはスウィングルシンガーズというコーラスグループの作品で、古今東西の名曲をティラリラリ~、ダバダバダ~、ボボンボンと口ずさんでいる。それだけならありがちなので手にとることはないのだが、冒頭で書いたように本作はチャイコフスキーの1812が収録されている。大砲のドッカンドッカンだけでなく教会の鐘の連打とか、マニア垂涎の効果音満載のタイトルをどのように歌いこなしているのか気になるじゃないですか。
 
 で、聴いてみた。本作はライブ録音なのでお客さんの拍手入り。期待どおりというか予想どおりというか、ティラリラリ~ダバダバで結構面白い。プログラムは有名な曲ばかりなので、自分だったらこう歌うだろうなみたいな比較もできる。そうそう、肝心の1812。大砲の録音や大太鼓でごまかさず、おそらくこめかみに青スジたてながらドーン!ドーン!と叫んでいる。思わず喪黒福造かよとつっこんでしまいそうだが、意外と迫力があって盛り上がる。教会の鐘も素晴らしく、アカペラのアンサンブルであるというのを忘れて聞き入ってしまった。おそらくマルチマイクの録音だろうけど、音場が箱庭チックに展開していて、オーケストラをボーカルで再現するという芸風にも合っている。興味がある人は探してみて下さい。

1812 / The Swingle Singers (Virgin Classics盤)

※ちなみに実音大砲のドッカンドッカンを聴いてみたい人は、テラーク盤(カンゼル/シンシナティ響)か、マーキュリーのリビングプレゼンス盤(ドラティ/ミネアポリス響)をどうぞ。

■本日のBGM:Summertime / The Swingle Singers
[PR]

by yas_tak | 2011-04-19 22:59 | 日記 | Comments(2)
2011年 04月 18日

『3月』

d0116571_23102183.jpg

『3月』 PENTAX K-7 DA35mm/2.4 @高島平・東京
※これを撮ったときは、カレンダーめくってない!と思ったのだが、よく考えたら室向きには4月なのだった。

 曇り→晴れ。

 実家の近所に「くらも」という名前の喫茶店があるのだが、店名の由来が分からない。勝手にイタリア語とかスペイン語とかそういうのかと思っていたのだが、未だに正解を知らない。もしかして、オーナーの名字が「くらも」さん?でも、鏑木(かぶらぎ)くんや道祖土(さいど)くんの名字まで一発変換するATOKでも出てこないし、どうなんだろう。
 
 ネットで検索すると未だお店は健在で、「昭和レトロ喫茶」として一部に熱烈なファンまでいるらしい。子供の頃の記憶ではでっかいジュークボックスが置いてあったり、奥にガラス越しの小さい池があって鯉が泳いでいたりという混沌としたイメージなのだが、今入ってみると意外と狭く感じるんだろう。今度帰ったらコーヒー飲みに行ってみようか。それともウエハースと缶詰のさくらんぼの乗ったアイスクリームにしよう。

■本日のBGM:For Everyman / Jackson Browne
[PR]

by yas_tak | 2011-04-18 23:09 | 日記 | Comments(2)
2011年 04月 17日

『居酒屋風スナック』

d0116571_01313.jpg

『居酒屋風スナック』 Convertible Horseman 62mm/5.6 FUJI PRESTO400 @高島平・東京

 晴れ。
 
 ちょっと余裕が出てきたのでカメラを持ってぶらっと。

 こんなに爽やかな天気なのに神保町はガラガラ。ここらの古書店は日曜定休が多いので、そっちが目当ての人からすればさもありなんという感じなんだけど、それにしても今日は少な過ぎ。

 ディスクユニオンでCDを何枚か。スペイン古楽集成の第VXII巻発見。このシリーズは中古市場では稀少盤扱いであり、探し甲斐がある。ダブりがないように注意して買っているのだが、たまにローマ数字を読み間違って手に取ってしまう(^^;)。
 
 都営三田線で高島平。荒川の土手まで抜けて、大きい道路沿いに歩いていると、再び三田線の高架に遭遇。西台から神保町、新宿線に乗り換えて新宿。ヨドバシでフィルムを買って新宿線、本八幡。
 
■本日のBGM:No More Lonely Nights / Paul McCartney
[PR]

by yas_tak | 2011-04-17 23:00 | 日記 | Comments(0)
2011年 04月 16日

『メールチェック』

d0116571_23594268.jpg

『メールチェック』 Convertible Horseman 62mm/5.6 KODAK Tri-X @幕張・千葉

 晴れ。
 
 身内関係者から単3乾電池を単1に変換するアダプタが届く。ぱっと見は実にいい加減で、こんなんで大丈夫なのかと思ったのだが、しっかりLEDランタンが点灯した。これでエネループで使える。
 
 なんかいろいろ書こうと思っていたんだけど、YouTubeでスターダストレビューの動画見ていたら、胸がいっぱいになってきて、まあ、今日はこんなところで。
 
■本日のBGM:今夜だけきっと/スターダストレビュー
[PR]

by yas_tak | 2011-04-16 23:59 | 日記 | Comments(3)
2011年 04月 14日

『放火に注意』

d0116571_0232096.jpg

『放火に注意』 M2 CANON LENS 25mm/3.5 KODAK Tri-X @尾久・東京

 晴れ。

 IS03も無事2.2にアップデート。そんなにサクサクという印象はないなあ。

 「次は神保町です。みなさまにお知らせです。ただいま車内表示は故障中で住吉になっていますが、次は神保町です。」という車内アナウンスが流れたときの、目の前に座っていたお姉さんの慌てようときたら(^^;)。イヤホンしてゲームしていたので気がつかなかったのね。

■本日のBGM:早く帰ろう/SION
[PR]

by yas_tak | 2011-04-14 23:22 | 日記 | Comments(0)