<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

『マスク』

d0116571_2246263.jpg

『マスク』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国
※昨日の象の写真と一緒にお楽しみください。

 晴れ→曇り。
 
 月末進行で忙しい。

 オリンパスからマイクロフォーサーズ用の広角レンズが発売。ようやく距離指標がついた。鏡胴のスライドでAF/MFの切り替えを行うというあたり、ペンタックスのFA*レンズっぽい。

 宝宝のパスポートの写真が中国に着いた様子。今回は吉林の自宅直送にすると途中でなくなる可能性があるので、政府の職員である3姐の旦那さんの職場宛に送った。中央政府宛の郵便を紛失したりぱくったりするやつはいないだろうと。

■本日のBGM:America/浜田省吾
[PR]

by yas_tak | 2011-06-30 22:48 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 29日

『象』

d0116571_23511452.jpg

『象』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 晴れ。
 
 地下のお弁当屋さん村が今月末で閉店になるらしい。同じフロアのすぐ目の前に大手コンビニチェーンがオープンするのと関係あるのかないのか分からないけど、ちょっと困ったことになる。

■本日のBGM:My Hometown / Bruce Springsteen
[PR]

by yas_tak | 2011-06-29 23:57 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 28日

『休憩中』

d0116571_05108.jpg

『休憩中』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 晴れ。
 
 九州南部はもう梅雨が明けたとか。全然ニュースを見ていないのでわからないのだが、水は足りているのか。
 ※すいません、ものすごい大雨だったんですね(^^;)。
 
 ノイズ周りの処理がいいということで、アドビのライトルームに移行。シルキーピクスと比較して、1~2段分くらいは改善されるというのは本当のようだ。

■本日のBGM:People Get Ready / Jeff Beck
[PR]

by yas_tak | 2011-06-28 23:04 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 27日

『長春-吉林』

d0116571_23143128.jpg

『長春-吉林』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 曇り。

 宝宝のパスポート用の写真を作った。まだ首も据わらない新生児だから、背景代わりの白いシーツの上に寝かせて、腕をぐるぐる回して遊んでいるところをデジタルカメラでバシバシ連写、偶然カメラ目線になっている画像をピックアップ。それをメールで日本に送ってもらい、こちらでレタッチして所定のサイズに切り出してプリントアウトしたものを今度は国際郵便で中国に送り返すという作戦。レタッチといっても、シミやシワを消すわけでなく(新生児だからツルツルだ)、顔の影を目立たせないように明るさを調整したり、周辺を焼き込んだりという作業の中心だ。背景のシーツのシワをとれないかという注文もあったけど、その辺をいじるといかにもレタッチっぽい仕上がりになるので、今回はやらないことにした。

 ちなみにパスポートは中国にある在瀋陽領事館で申請することになっている。本人受け渡しが必須なので、宝宝は吉林~瀋陽間を中国新幹線で往復する。将来いい思い出になるだろう…いや、憶えてないか(^^;)。午後の新幹線で瀋陽を目指し、その日は2姐(リンリンのお母さんだ)の家で一泊、翌朝1番で申請すると午後にはできあがる。で、その日に新幹線で吉林を目指すというスケジュールを立てていたけどどうなることやら。

■本日のBGM:ホームにて/中島みゆき
[PR]

by yas_tak | 2011-06-27 23:16 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 27日

『和諧号再び』

d0116571_23111042.jpg

『和諧号再び』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 長春空港は正式には「長春龍嘉国際空港」という。ちなみに「東京国際空港」は羽田の正式名称で、成田は「成田国際空港」、らしい。いずれにしても長春空港は長春市内から約20キロ、吉林市内から60数キロ離れているので、移動には高速道路か鉄道を使うことになる。それで今回も中国版新幹線「和諧号」に乗ることになった。

 前回は吹きっさらしの駅で延々待たされたので、飛行機の到着時間に合わせてとりあえず指定席を予約しておけばと言ったのだが、中国ではこの6月から身分証明書を提示しないとチケットの購入ができなくなったとかで、それは無理だった。それでも今回は飛行機の到着時間が早く、新幹線のダイヤに余裕のある時間帯だったので、すぐに乗ることができて事なきを得た。
 
 待合室から地下のホームに移動するとほどなく和諧号到着。鉄分の多い職場関係者から次に乗るときは是非写真を撮ってくるようにと言われていたので、列車がホームに入ってきたところを2~3枚。その他、架線や表示板なども何枚かおさえる。
 
 列車に乗り込むと自分達の指定席にちゃっかり座っていたおばさんを追い出して座席に着くも、スーツケースがでかいので足の置き場がない。窓際だった体育座りだ。吉林までは20分くらいしか乗らないのだけど、荷物の多い国際線の乗客にはきつい。荷物を別で預かってくれる空港リムジンバスの方が楽かもしれない。
 
 車内の様子は相変わらず。みんな携帯電話の着メロがんがん鳴らして、それをまたすぐに取らなかったりして、落ち着かない。中国版新幹線といえば最高時速400数十キロだとかいろいろ頑張っていたけど、最近では安全面に配慮して200キロくらいで運用するとかいう流れになっているらしい。長春空港~吉林間も初めは15分くらいでいけるという話だったのが、最近では30分近くかけて走っている。車両や線路のメンテナンスがうまくいってないのかな。
[PR]

by yas_tak | 2011-06-27 23:12 | 中国 | Comments(0)
2011年 06月 26日

『KTV』

d0116571_23455070.jpg

『KTV』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 曇りごくごく細かい雨。こぬか雨。
 
 EMSで各種書類を発送。吉林までは3日~5日くらいで着くらしい。
 
 コンバーチブルホースマンとパナソニックのG1という妙な取り合わせ。京成線で千住大橋~北千住。

■本日のBGM:リンゴガール/ミドリカワ書房
[PR]

by yas_tak | 2011-06-26 23:47 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 25日

『駅出口』

d0116571_10111028.jpg

『駅出口』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 曇り。

 宝宝パスポート用の写真を作成。中国で見たときから1週間も経っていないのに、ずいぶんふくふくしている。頬に肉がついてきているのももちろんだが、それを仰向けで寝かせて広角のGRD3で接写しているので、ますます太っているように見える。うちは1月早く生まれているので、初めはシャープな印象の宝宝であったのが、一月でここまで肉がついているのだから感慨深い。

■本日のBGM:The Edge Of Glory / Lady GaGa
[PR]

by yas_tak | 2011-06-25 23:10 | 日記 | Comments(0)
2011年 06月 25日

『Erich Salomon Leica Fotografie 1930-1939』Erich Salomon

d0116571_2211249.jpg


 Erich Salomon『Erich Salomon Leica Fotografie 1930-1939』、Berliniche Galerie刊、モノクロ、1986年。ベルリン・ギャラリーでの個展に際して刊行されたものらしい。

 エーリッヒ・ザロモンの名前は、ウルシュタイン社の写真記者として第一次大戦後の混乱期の政治家のスナップとか、その後ナチスに捕らえられて家族とともにアウシュビッツで亡くなったこととか、主に報道写真の分野で語られることが多い。若しくは愛機エルマノックス(大口径の中判カメラ、当時の薄暗い室内でのスナップでは必須)つながりで、珍品クラシックカメラコレクターの間ではそれなりに知られているが、写真作家としてその他にどのような作品を残していたのかというのか意外と知られていない。少なくとも自分は知らなかった。
 
 本書はそんなドキュメンタリカメラマンではなく一写真家としてのザロモンに焦点を当てるカタチで、1930-1939年にライカで撮影された一連のスナップで構成されている。気付かれずさりげなく撮るスタイルというとアンリ・カルティエ=ブレッソンみたな写真を想像するんだけど、ザロモンの写真はもうちょっと引き気味というか状況説明っぽい感じがする。構図よりも状況説明を優先というか。いずれにしても独特の味わいだ。
 
 いや、ほんとにザロモンというと「ほら見ろ、またザロモンだ。」と政治家が苦笑いして指さしているスナップばかり紹介されているので、こういう写真家っぽい作品がいろいろ見られるというのは貴重。ちなみに表紙の写真は自動車事故の様子。これはドキュメンタリカメラマンっぽい写真ですね。
[PR]

by yas_tak | 2011-06-25 22:12 | 写真集 | Comments(0)
2011年 06月 24日

『地雷瓜』

d0116571_8552915.jpg

『地雷瓜』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 晴れ。猛暑。

 午後から半休にして市役所であれやこれや。
 
 ペンタックスからレンズ交換式のコンパクトデジタルカメラが出ましたね。EVF搭載の一眼レフっぽいやつも出ないかなあ。

 代々木八幡のSO_BOOKSさんのところにドイツのちょっと珍しい写真集が大量入荷している。店主のOさんの話によると、そのスジの研究者の方がまとめて手放したとかで、あまり見かけない本が多いので値付けにも苦労しているとか。お店に行くと実際に手に取って見ることができるので、コレクターの方もそうでない方も是非。

■本日のBGM:touch The Night / Neil Young
[PR]

by yas_tak | 2011-06-24 23:55 | 日記 | Comments(2)
2011年 06月 22日

『地雷』

d0116571_2246268.jpg

『地雷』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 晴れ。
 
 田中希美男さんのブログに出ていたキヤノンのX50のシャッタ構造が興味深い。そういえば、ニコンのD70も電子シャッタ+幕1枚という構成だったと思うけど、あれは受光素子がCCDだったから構造が違うのかな。D70の場合はシャッタ幕というよりは遮光幕だったか。1/500秒でシンクロできたりして(レンズシャッタかよ!)、ひそかにすごいカメラだった。

http://thisistanaka.blog66.fc2.com/entry/613/

■本日のBGM:Freedom / Wham!
[PR]

by yas_tak | 2011-06-22 22:50 | 日記 | Comments(2)