<   2012年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 31日

『山形縫製』

d0116571_23565871.jpg

『山形縫製』 NEX-7 SIGMA 19mm/2.8 EX DN @須田町・東京
 
 晴れ。

 アップルとサムスンの特許侵害の判決が続々と出ているが、それぞれの国毎に争いになっているポイントが違っているので、どの国で勝ったとか、トータルで何勝何敗とか、単純に並べて比較してもあまり意味がないんじゃないか。自分もきちん確認してないのでよく分からないけど、とりあえず本日付の東京地裁の中間判決のポイントはルック&フィールなどのユーザインターフェースじゃなくて、「携帯端末をパソコンに接続して音楽データなどを共通化する技術」で、同期の目安として音楽ファイルのトータル時間を利用することらしいよ。というか、そんなところまで手を出しているのか>サムスン(^^;)。

■本日のBGM:危険なふたり/沢田研二
[PR]

by yas_tak | 2012-08-31 23:56 | 日記 | Comments(0)
2012年 08月 30日

『三日月 02』

d0116571_1183671.jpg

『三日月 02』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @本八幡・千葉

 晴れ。

 広角~標準レンズで月を撮るときに気をつけたいのは、色収差が目立ちやすいことか。構図の都合上、月が画面の端っこの方にくることが多いのだが、それってまるで収差のテストチャート撮影のようなものであり、さらに無限遠&開放なんてことになると、等倍で見たときにコマやら色やら収差のオンパレードだ。慣れないうちは液晶画面で確認したときに、なんで月だけ手ぶれているんだと悩んでしまった。このときばかりはオールドレンズの味わいなんて言ってられないので、なるべくクセのない新しい設計のレンズで撮るようにしたい。

■本日のBGM:恋唄/内山田洋とクール・ファイブ
[PR]

by yas_tak | 2012-08-30 23:18 | 日記 | Comments(2)
2012年 08月 29日

『9.5』

d0116571_0471255.jpg

『9.5』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @本八幡・千葉

 晴れ。
 
 長期休養かと思われた某氏は、活動休止ではなく引っ越しであった。以下は、今回の件とはまったく関係のない話で。
 
 アマチュア写真家の「写真やめます」「写真おやすみします」宣言というのを目にすることがある。本業が忙しくなったとか、思うように撮れなくなったとか、スナップ中に怒鳴られてがっくりきたとか、単に飽きたとか、理由は様々なんだけど、とにかく「もうやーめたー」と宣言したくなる要素が、写真にはあるらしい。
 
 写真を撮っていると言っても、大多数の人はふだんの生活でのべつ幕なしにシャッタを切っているわけではないし、写真をやってるかどうかなんて日常これっぽっちも影響しないのだけど、逆に、だからこそ「写真をやっていない自分」というのを積極的に確認したいのかなということなのか。

 とか言いながら、自分も何度も写真やめやめ!うきー!という気分になることがあるので、そういうときは金村修さんが「写真は飽きてからが勝負ですよ。」みたいなことを言ってたのを思い出して、とにかく繰り返しシャッタを切るようにしている。

■本日のBGM:熱き心に/小林旭
[PR]

by yas_tak | 2012-08-29 23:46 | 日記 | Comments(0)
2012年 08月 28日

『8.5』

d0116571_142557.jpg

『8.5』 RICOH CX5  @本八幡・千葉
※月齢8.5
 
 晴れ。

 この季節、夕焼けと入道雲は見逃すことのできない被写体なので、ベランダに出るときは必ずカメラも準備しておく。手元の望遠レンズでモダンでしっかり写るのは、ペンタックスのFA135mm/2.8か、シグマの55mm-200mmなのだが、それではあまり面白みがないので、K-7にはスーパータクマーの135mm/2.5がつけっぱなしになっている。なにぶん古いレンズで、ちょっと黄色く焼けているので、青空がいい感じに沈んでくれる。雲のもくもくした感じがよく出るんだよね。
 
 雲のように、拡大すればするほどディテールが出てくるような被写体は、望遠し甲斐があるというか、いつまでファインダを覗いていても飽きない。ピントも無限に合わせておけばいいので、ちょっと疲れたときにいい被写体。

■本日のBGM:十四才/ザ・ハイロウズ
 
[PR]

by yas_tak | 2012-08-28 23:02 | 日記 | Comments(2)
2012年 08月 27日

『まな板』

d0116571_0242289.jpg

『まな板』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @吉林・中国

 晴れ。

 広角~標準の街撮りがメインなので、中望遠~望遠域は苦手意識がある。望遠をつけていても、街の風景は広角を意識して探しているので、いざカメラをむけてもやたらごちゃごちゃした絵がファインダに飛び込んでくるばかりで、げんなりしてしまう。つまりは被写体を整理するのが下手ということなので、いずれはなんとかしたい。中望遠ならこの人という方がいるのだが、残念ながら休養期間に入られたようだ。>また再開したら連絡下さい。

■本日のBGM:Don't Worry, Be Happy / Bobby McFerrin
[PR]

by yas_tak | 2012-08-27 23:23 | 日記 | Comments(2)
2012年 08月 23日

『看板』

d0116571_113956.jpg

『看板』 PENTAX K-7 DA18-55mm/3.5-5.6 AL WR @吉林・中国

 晴れ。
 
 そりゃまあ仕事のストレスでしょうなあとお医者さんに言われるような症状であちこちヨレヨレ。特に顎と腰がひどい。最近はお昼休みもイヤホンをして爆睡しているので、平日はほとんど歩く機会がない。これではいけないので、せめて地下鉄の乗り換えくらいはと思って、わざと違う出口から一旦地上に上がってみたりして、15分ほど歩いてまた地下に戻るなんてことをやっている。神保町界隈の逆光写真や、三日月の写真がたまってくる。

■本日のBGM:月が一番近づいた夜/SION
[PR]

by yas_tak | 2012-08-23 23:04 | 日記 | Comments(4)
2012年 08月 22日

『店番』

d0116571_0251036.jpg

『店番』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @吉林・中国

 晴れ。

 以前は、コンパクトカメラを買うとソフトケースくらいおまけで付いてきたような気がするのだが、最近はせいぜいストラップくらいで、ケースはオプションでっていうことが多いような気がする。リコーのカタログを見ていると、GRD用の本革ケースが4000円、CX用で3500円とそこそこいい値段がついていて、GRD用ならまだしも、CXでこの値段のオプションをつける人は少ないんじゃないかと思う。

 とはいえ、無造作にリュックにつっこんでおくと、キーホルダーと一緒にシェイクされて傷だらけになったり、勝手に電源スイッチが入ってレンズがうんうんうなされていたりということもあり、やはりなんらかのケースは必要ということで、うちは昔のコンパクトカメラ用のケースを再利用している。GRDだと、意外にもコニカのビッグミニF用の本革ケースがぴったり。「Konica」のロゴがかっこいい。CX5は、なにかに付属のミニストロボのケースがぴったり。中古カメラ屋さんのジャンクかごなどのぞくといろいろ面白いケースが見つかるので、是非。

■本日のBGM:White Room / Cream
[PR]

by yas_tak | 2012-08-22 23:24 | 日記 | Comments(0)
2012年 08月 21日

『三日月』

d0116571_0393193.jpg

『三日月』 NEX-7 SMC-Takumar 24mm/3.5 @本八幡・千葉
 
 晴れ。

 NEX-7のEVFとピーキング機能(ピントの合っているところの輪郭に色をつけてくれる)が意外に使いやすいので、L/Mマウントのみならず、M42やKマウントのレンズなどもこちらにつけてみたくなる。受光素子への入射角にシビアなNEX-7の場合、レンジファインダ用のレンズより一眼レフ用のレンズの方が相性がいいといえるくらい。
 
 もちろんM42マウント、すなわちタクマーレンズを使うんだったら、K-7、K-5に付けるのが王道。ペンタックスのデジタル一眼レフはファインダの見えがいいし、ピントが合ったときにインジケータが点灯するマニュアルフォーカスアシスト機能もけっこう使える。レンジファインダで測距するときのように画面中央部でピント合わせてインジケータの確認、その後構図を決める。ただ、ペンタックスのAFセンサは、F5.6光束を使うタイプなので、F8より絞り込んでピントを合わせるとアシスト機能が使えなくなる可能性がある。当たり前の話だが、肉眼で確認する意味でも、ピント合わせは開放で。

■本日のBGM:Child in Time / Deep Purple
[PR]

by yas_tak | 2012-08-21 23:31 | 日記 | Comments(0)
2012年 08月 20日

『高層マンション』

d0116571_0323835.jpg

『高層マンション』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @吉林・中国

 晴れ。

 というわけで中国の不動産事情。現金の価値がよく分からなくなっているので、現状富裕層に属しているような、十分に現金を持っているような人たちは人民元をそのまま持っているのは意味がないと思っているので、みんなとりあえず投資に走ってしまう印象。関係者の4姐夫(4番目のお姉さんの旦那さん)は、大連の大学で教授職にあって、あれやこれやで結構な収入がある。例によって人民元ばかり持っていても仕方ないので、手っ取り早い投資先としてマンションを買っている。とりあえず大連に自分が住んでいる分と、投資もしくは息子を住ませる分の合計2件持っていて、さらに今回吉林に投資用に1件(2件だっけか)買おうとしている。マンションの値段は上がり続けると信じていて、実際上がり続けているんだけど、現金を余らせている人たちが転売を繰り返して値を上げ続けているという印象が無きにしもあらず。
 
 瓦礫と畑と高速道路の入口しかないような郊外に、東京でも見ないような超高層マンション群がばんばん建っている。こんなところに住んでどこに仕事に行くんだと心配してしまうのだが、それでも売り切れてしまうんだろう。気の毒なのは転売されまくって値段の上がったマンションに住まざるを得ない新婚さんとかだけど、そういう人たちはもうちょっと便利なところに手垢のついていないマンションをそれなりの価格で買うのかな。

■本日のBGM:Owner of a Lonely Heart / Yes
[PR]

by yas_tak | 2012-08-20 23:31 | 日記 | Comments(0)
2012年 08月 19日

『瓜売り』

d0116571_0352633.jpg

『高層マンション』 RICOH GR DIGITAL3 GR LENS 6.0mm/1.9 @吉林・中国
※このおばちゃんが売っているのは、マクワウリみたいなやつ。そういや、日本ではあまり見かけなくなったなあ>マクワウリとかプリンスメロンとか。

 曇りときどき晴れ。

  中国国内で人民元の価値がむちゃくちゃになっているのを実感する。単純なインフレではなく、政府が人民元を不当に安く抑えている反動が巡り巡って、モノの値段がワケの分からないことになっているのだ。例えば、朝市で近場の農家が売りに来るような地産地消の野菜、ナスやエンドウマメが5角(7円くらい)や1元(14円くらいかな)でキロ単位で買える一方、ちょっと遠くから持ってくる果物なんかは2、3個で10数元するとか、こぎれいなショッピングモールで売っている衣料品なんかは一気に数百元したりとか。
 
 外資系の企業のホワイトカラーなどそれなりのレートで給料を貰っている人はウハウハだけど、ナスやエンドウマメを作っている人たちは本当に気の毒で、そりゃみんな農業やめて出稼ぎに出るでしょうって感じ。政府もそこらへんは分かっていて色々対策は打ってるんだろうけど、かといってナスやエンドウマメがある日突然適正価格になると、今度はそれを食べてぎりぎりの生活をしていた人たちが立ちゆかなくなり、それじゃあその人たちの給料を上げるとその人たちを雇用している工場の・・・みたいなことになってしまう。中国の経済を紹介する番組では、どん底の地方農村部と富裕層の両極端をピックアップすることが多いけど、本当はその中間にも多くの階層があって、いや~な空気がいったりきたりしているのだった。

■本日のBGM:Hold Me Now / Thompson Twins
[PR]

by yas_tak | 2012-08-19 23:31 | 日記 | Comments(0)