Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

『13時25分』

d0116571_0395533.jpg

『13時25分』 EPSON EPSON R-D1s C BIOGON 21mm/4.5 @高島平・東京

 晴れ。
 
 カラースコパーの21mm/4.0の話題が出たので、NEX-7につけていろいろチェック。パナソニックG1のときのような周辺の流れは確認できない。G1でダメで対称型レンズに厳しいNEX-7で大丈夫というところが、ミラーレスカメラのボディ&レンズの相性の難しさを物語っている。もしかしたら何かの間違いかもしれないので、もう少しきちんとテストしてみる。
 
 Color-Skopar 21mm/4.0が出た頃のコシナフォクトレンダーのレンズはどれも秀逸で、NEX-7のような高画素モデルで使っても解像度で負けるということはない。コシナはこういうニッチなところでも技術の出し惜しみをしないところがえらい。意外にオススメなのが、LマウントのColor-Skopar 28mm/3.5。画面全体隅々までシャープで、それでいてコントラストが高くないのでトーンが良く出る。昔、四谷の写真展で飯田鉄さんが「ほんっとにいいレンズなんです、これ。」と嬉々として話されていたのを思い出す。…これも製造完了か。あまり売れなかったのかな。

■本日のBGM:Lady Stardust / David Bowie
[PR]

by yas_tak | 2012-10-31 23:39 | 日記 | Comments(2)
2012年 10月 30日

『王子駅』

d0116571_0321970.jpg

『王子駅』 NEX-7 Color-Skopar 21mm/4.0 @王子・東京

 曇り→晴れ。

 パナソニックG1にボディキャップレンズで宝宝を追いかけ回した写真をつらつら眺める。さすがに自宅室内で撮ったやつは、被写体ブレが激しい。
 
 休日に日がな一日撮り歩くということができなくなっているので、買物や通勤途中にスナップ撮ったり、自宅のベランダから月を撮ったり雲を撮ったりして、日々しのいでいる。ガシガシスナップを撮っているときは、使い勝手優先ということでボディ&レンズの組み合わせが定番化していたのだが、今はいかに短い時間にカメラを堪能するかがキモになっているので、これまで使う機会の少なかった中望遠以上の画角とか、使いこなしが面倒なクセ玉とかを引っ張り出すことが多くなっている。手クセで撮れない分いろいろ考えるので、短い時間でお腹いっぱいになる。

■本日のBGM:Speed King / Deep Purple
[PR]

by yas_tak | 2012-10-30 23:31 | 日記 | Comments(4)
2012年 10月 29日

『黒沼ふとん店』

d0116571_037916.jpg

『黒沼ふとん店』 RICOH CX5 @北沢・東京

 晴れ。

 DP2xの換算40mm界隈の画角が気持ちいいので、パナソニックのG1にコシナフォクトレンダーのColor Skopar 21mm/4.0をつけてみた。おー!これこれこんな感じと部屋の中をパシパシ撮っているうち、開放で周辺が流れているのに気がついた。フィルムで使っているときの印象は隅々までシャープというものだったのだが、あれは絞り込んでいたからなのか。
 
 G1に限らずマイクロフォーサーズもソニーのEマウントも、規格外のレンズに対して良くも悪くも不寛容なので、手持ちのレンズを使い回すつもりでいると痛い目をみることになる。NEX-7をトレードしてくれた関係者もそれが元で手放すことになった。G1で換算40mmの画角が欲しいのなら、素直にG20mm/1.7を使いなさいってことになるんだよね。でも、あれは距離指標ついてないんだよなあ。

■本日のBGM:SORAMIMI/斉藤由貴
[PR]

by yas_tak | 2012-10-29 23:35 | 日記 | Comments(4)
2012年 10月 28日

『階段』

d0116571_0143019.jpg

『階段』 EPSON EPSON R-D1s C BIOGON 21mm/4.5 @高島平・東京

 曇り→雨。

 宝宝の言うこと(といっても指さしてアーアー叫ぶだけだが)は、可能な限り察して応えるようにしてきた。2階へ連れて行けと言われれば抱き上げて階段を上がり、隣の部屋で遊ぶのでついてこいと言われれば、はいはいと立ち上がって相手をし、中華鍋で炒め物をしているところの湯気をみたいと言われれば抱き上げて見せるとか。もちろん甘やかしているつもりではなく、まずは自分の意志が伝わることの楽しさ、他人とコミュニケーションをとれることの面白さを知って欲しいと思ってほいほい相手をしてきたけど、そろそろダメなものはダメということを分からせないとなあと、方針転換を図ることにした。
 
 とりあえずは直接的に危ないこと(電源のプラグを引く抜くとか、炊飯器の湯気を触るとか)は大きい声ではっきりしかり、テレビの後ろに回り込めないように柵がしてあるのを引き倒そうとしたり、本棚の本を抜いてばらまいたりといたずら心からくる振る舞いには、少し声のトーンを変えてたしなめるようにと使い分けるようにしているんだけど、これがなかなか難しい。

 宝宝も思うようにならないと泣いたり逆ギレしたりするんだけど、そこで甘い顔をしてしまうと、今度は泣けば要求が通ると学習してしまうので、一旦怒ったあとは、機嫌をとるでも蒸し返すでもなく可能な限りニュートラルに接して、つまりキレキレの宝宝を無視して、絵本を見せたりして話しかけるようにしている。こんな感じでいいのかな。

■本日のBGM:あした/中島みゆき
[PR]

by yas_tak | 2012-10-28 23:14 | 日記 | Comments(3)
2012年 10月 28日

『ターバン』

d0116571_10102612.jpg

『ターバン』 EPSON EPSON R-D1s C BIOGON 21mm/4.5 @西高島平・東京

晴れ→曇り。
 
 パナソニックのG1にボディキャップレンズをつけて宝宝を追いかけまわす。ISO感度を上げにくいG1では、室内でのシャッタ速度が不足気味だが、それはそれでライブ感があってよい。うまく表現できないんだけど、フィルムで撮っているときの感覚に近い。

■本日のBGM:Starman / David Bowie
[PR]

by yas_tak | 2012-10-28 10:12 | 日記 | Comments(0)
2012年 10月 25日

『自転車』

d0116571_054719.jpg

『自転車』 Panasonic LUMIX DMC-G1 G14mm/2.5+LW46 @小川町・東京

 曇り→晴れ。

 2ちゃんでNEX-7の無限遠の出し方を訊いている人が「荒らし」扱いされていて笑ってしまった。いや、実際にレスが荒れているからそうなのかもしれないけど、出せないものは出せないのだ。まともに答えてくれている人の回答で、マニュアルフォーカスモードにして、ピントリングを遠方側にいっぱいいっぱい送って、ピントが動かなくなったところが無限遠だというのがあったけど、AFレンズは遠方側の行き止まりが必ずしも無限遠でないことが多い(オーバーインフ気味のレンズが多い)ことを勘案すると、ちょっと怪しい。

 ちなみに天体撮影をやる人がしっかり無限遠を出すときは、レンズ蓋にスリットを設けた「バーチノフフィルタ」というものを使うらしいです。うちはたまにベランダに出て月を撮るくらいなので、ここまでやる必要性は感じないのだけど、いろいろあるんだね。

http://astrojargon.net/MaskGen.aspx?AspxAutoDetectCookieSupport=1

■本日のBGM:夜のハイウェイ/The Mods
[PR]

by yas_tak | 2012-10-25 23:53 | 日記 | Comments(0)
2012年 10月 24日

『電話ボックス』

d0116571_083755.jpg

『電話ボックス』 Panasonic LUMIX DMC-G1 G14mm/2.5+LW46 @本八幡・千葉

 晴れ。
 
 パナソニックのLX-3用純正ワイコン「LW-46」のサーチでうちのサイトがひっかかることがある。専用設計といってもこの手のワイコンは、アフォーカル系(平行光線をそのまま縮小する)なので、DP1ほか各種デジタルカメラに付けることができる。とりあえず一個持っていると何かと重宝する…はずなのだが、ワイコン付けるくらいならレンズ替えるわーカメラ替えるわーとなってしまって実際の出番は少ない。ワイコン買いましたという記事がよくひっかかる割には、その後どうしたという事後報告が少ないことからして推して知るべしという感じ。
 
 これではネタが終わってしまうので、パナソニックのG14mm/2.5にLW-46をつけたときの話でも。さすがに開放f/2.5だと四隅が流れるが、f/5.6くらい絞ると全体がシャキッとして十分実用になる。歪曲がそこそこ目立つので、純正以外の組み合わせで使う場合は現像ソフトで各種収差を補正するのが吉。レンズ交換の出来ないカメラの広角域をあと一歩広げたい(DP1で21mm相当の写真が撮りたい)とか、そういう人にはおすすめ。一眼レフだったらこれ買うお金で中古の広角レンズ探した方がいい。

 ワイコンというと、以前オリンパスでレンズ固定式の一眼レフカメラE-10用に巨大なやつを作っていた。あれは笑ってしまうくらいでかかった。

■本日のBGM:恋人よ/五輪真弓
[PR]

by yas_tak | 2012-10-24 23:08 | 日記 | Comments(0)
2012年 10月 23日

『二輪を除く』

d0116571_0401654.jpg

『二輪を除く』 RICOH CX5 @松戸・千葉

 曇り→雨。大荒れ。
 
 午前中、窓の外を見ると恐ろしくフラットで遠近感のない曇り空。モノクロで撮ったら青空に写りそうだった。

■本日のBGM:希望の轍/サザンオールスターズ
[PR]

by yas_tak | 2012-10-23 23:39 | 日記 | Comments(0)
2012年 10月 22日

『ボルサリーノ』

d0116571_046219.jpg

『ボルサリーノ』 RICOH CX5 @淡路町・東京

 晴れ。
 
 オリンパスのボディキャップレンズは、広角、極薄ボディ、トリプレット、f/8固定、マニュアルフォーカス、チープ…と特徴が多く、しかもそれぞれのカテゴリーに熱烈なファンがいるので、話題にならない方がおかしいといった感じ。唯一の欠点はまともに写り過ぎることというか、ホルガやピンホールレンズみたいな個性的な表現には向かない(トイカメラを使うことが個性的かという問題はさておき)ので、長く使うにはそれなりの思い入れが必要になるかもしれない。あるいは早々に飽きて放り出してしまうか。

■本日のBGM:アンダルシアに憧れて/真島昌利
[PR]

by yas_tak | 2012-10-22 23:45 | 日記 | Comments(0)
2012年 10月 21日

『三日月』

d0116571_025581.jpg

『三日月』 OLYMPUS E-PL1 BCL15mm/8.0 @淡路町・東京
※いつもの三日月。もっと派手に収差が出るかと思ったが意外とキチンと写っている>BCL。円形絞り(笑)なので光条も出ない。

 晴れ。
 
 今週も宝宝をベビーカーに乗せてコルトン方面へ買い物。DP2で追いかけまわす。

■本日のBGM:This is not America / David Bowie, Pat Metheny
[PR]

by yas_tak | 2012-10-21 23:25 | 日記 | Comments(0)