Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 12日

『故郷 松花江 黒竜江省 哈爾浜』高部心成

d0116571_23501587.jpg


 高部心成『故郷 松花江 黒竜江省 哈爾浜』ビジュアルアーツ刊。2003年。144ページ、モノクロ。
 
 自費出版かと思ったけどそうじゃなかった。高部心成さん(中国名 周成)は、1979年中国黒竜江省生まれ。15歳から日本に移り住んでいる。父方の祖母が日本人で、戦後のどさくさに日本に帰れずに中国人と結婚した残留婦人とか。大阪の写真専門学校で写真の勉強をして、2003年にビジュアルアーツフォトアワード大賞受賞。この本はそのときのご褒美に出版してもらったらしい。
 
 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
春-いのちの種を土に埋め
夏-天の水でいのちを育て
秋-労働の果実を収穫し
冬-蓄えてきた大自然の恵みを感謝しながら使い、零下30℃の厳しい冬を乗り越えていく。

 ここは私が生まれた土地、中国黒竜江省ハルビン市方正県伊漢通郷 中国地方のどこにでもありそうな村。漆黒の大地、素朴な人々、広大な松花江。
 ここには私の少年時代があり、ここから私の人生が始まったのです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 松花江は中国東北部を流れる大河で、吉林や哈爾浜(ハルビン)の人たちにとっては故郷(ふるさと)の象徴のようなもの。
 
 黒竜江省はロシアと国境を接しており、省都であるハルビンはロシア風の建築がたくさん残る美しい街なんだけど、本書はそういう観光スナップではない。雪の中で遊ぶ子供とか、荷車を牽くロバとか、北の大地に暮らす人々の素朴な生活にカメラを向けている。大地は肥沃な黒土に覆われ、積もる雪はあくまで白い。中国人自身も忘れつつある、豊かな時間がそこに流れている。
 
 中国というと、北京や上海の喧噪、四川・雲南の少数民族、環境破壊、荒廃する農村、みたいなイメージばかり紹介されるけど、中国東北部は一大穀倉地帯で、一面に米・麦・トウモロコシの広大な畑が広がっている。石油・石炭などの資源も豊富で、貧しい人でも食いっぱぐれることはないという感じで、おおらかな性格の人が多い気がする。実は日本人にとっては非常に親しみやすい土地柄であり(だからこそ関東軍が出張っていったわけだけど)、色々な意味でもっと注目されてもいいと思う。

http://www.ricochet-books.net/title/kokyou_takabe.htm#kokyou
[PR]

by yas_tak | 2008-05-12 23:49 | 写真集


<< 「ミニ」      「仲間はずれ」 >>