Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 09日 ( 3 )


2007年 07月 09日

TODAY

d0116571_2340222.jpg

FUJICA GW670 II EBC FUJINON 90mm/3.5 FUJI PRESTO400 @九段下・東京

 曇り。
 
 PASMO(ICカードの乗車券)が品薄とかで新規の販売を停止中とか。定期券だけは一部の売り場で販売継続中ということなので、わざわざ(というほどのものでもないけど)神保町まで行って買ってきた。
 
 FUJICA GS645Wをしばらくお休みして6×7に標準レンズという組み合わせで街撮りをしています。ロクナナに標準といえば、マキナかマミヤかペンタックスってとこなんですが、ここはあえてFUJICA GW670 IIで。EBC FUJINON 90mm/3.5がいいのと、他に使っている人見たことないというのが理由。

■本日のBGM:ジェラシー/井上陽水
[PR]

by yas_tak | 2007-07-09 23:45 | 日記
2007年 07月 09日

本橋成一『サーカスの時間』

本橋成一『サーカスの時間』
 
 英国大使館のすぐ隣にあるJCII(日本写真機検査協会、だっけ)での展示会で販売された図録。写真集というよりはパンフレットという装丁やけど、印刷はしっかりしているし写真もたくさん掲載されている。本橋成一さんのサーカスシリーズでは、『サーカスが来る日』という写真集もいい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 今回の作品展では、1976年から1980年にわたり撮影した日本のサーカス団の作品をまとめた写真集『サーカスの時間』の中から、団員や動物たちのテントでの生活の様子、緊張感漂う練習風景、舞台袖から会場をのぞく芸人たちの真剣な面持ち、スポットライトを浴びて芸をする象の巨大な後ろ姿、息をのみ舞台を見守る観客、ショーが終わって夕闇に包まれるテントなど、約70点(全作品モノクロ写真)を展示します。
(展示紹介より)

http://www.jcii-cameramuseum.jp/museumshop/salon_books/windows/salon-books/L0180/L0184.html

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 1976年から1980年に撮影されたものというから自分が子供の頃に見たサーカスと一致する。華やかなんやけどどこかもの悲しい、地方回りの曲芸団という空気がひしひしと感じられてなんだか胸が詰まる。団員のみなさんもこの時代の日本人だから、おっちゃんもおばちゃんも背が低くてずんぐりしていて、こんな人が空中ブランコやら綱渡りやらオートバイでぐるぐる回るやつやらやっていたのかと妙なところで感心。

 本橋さんの写真は、以前紹介した『上野駅の幕間』もそうなんやけど、時間をかけて丁寧に取材しているのが画面から伝わってくるんですよね。通販で新品も手に入るようです。値段も安いし、興味のある方は『上野駅の幕間』とセットでどうぞ。

※ついでに旧ブログの『上野駅の幕間』も再掲しておきます。
[PR]

by yas_tak | 2007-07-09 23:16 | 写真集
2007年 07月 09日

本橋成一『上野駅の幕間』

 本橋成一『上野駅の幕間』現代書館刊。B5判 176ページ、モノクロ。神保町で3000円くらいやったかな。

 プラットホームに新聞紙を広げてお弁当を食べるおばあさん、泣きじゃくる迷子、帰省列車に長い列をつくる人、案内板をかけかえる駅員さん、特急列車の撮影をする小学生、別れを惜しむ恋人、修学旅行の学生、行商のおばさん…創立100周年を迎えていた1980年代初頭の上野駅の様子を記録したドキュメンタリー。20年前の上野駅はこんなに人間くさくドラマチックだったのかとしばし見入ってしまう。この写真集が撮られたのはバブル前プラザ合意前の日本ですから、今よりずっと世界はせまかった。そんな時代、東北-東京の玄関口であった上野駅が背負っていた思いとはどれほどのものだったのでしょうか。

 本橋成一さんのドキュメンタリって、淡々とその時代の空気を切り取る感じがして好きなんです。変にノスタルジーや問題意識を押し出さないので、10年20年経ってからも新鮮な気持ちで見ることができるんですよね。同時代性に優れているというか、シャッタが切られた時代の空気が敏感に反映されているからでしょう。スナップもドキュメントも眼前の光景を余すところなく切り取るという意味では同じで、そうすると優れた記録写真集である本書はそのまま素晴らしいスナップ写真集であるといえます。
 
※2003年には(写真集が出てから20年以上たってからですが)写真展が行われています。そのときの図録が手に入るようです。
http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2003/20030930.html
http://www.jcii-cameramuseum.jp/museumshop/salon_books/windows/salon-books/L0140/L0147.html

※写真集はこっち。品切れのようです。
http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN4-7684-7712-7.htm
[PR]

by yas_tak | 2007-07-09 23:15 | 写真集