Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 29日 ( 2 )


2007年 07月 29日

TODAY

d0116571_092686.jpg

FUJICA GS645W EBC FUJINON W 45mm/5.6 FUJI PRESTO400 @弥生町・東京

 曇りときどき雨。

 2-3日前から、複数の人から「これはオハラさんの携帯ですか?」という電話がかかってくる。しっかりして下さい>オハラさん。

 せっせとスキャン。

 夕方頃に一旦雨が上がる。近所の小学校まで投票に行く。

 タイムサービスを狙って市川駅高架下のスーパーへ遠征するも、お目当てのお刺身は影も形もなく、ウナギの蒲焼きばかり。売れてないねー>ウナギ。

 アカシヤの蜂蜜ってけっこういけるね。

 夜はもう選挙に釘付け。

■本日のBGM:On The Road/浜田省吾
[PR]

by yas_tak | 2007-07-29 23:09 | 日記
2007年 07月 29日

中川右介『ブームはどう始まりどう終わるか』

 中川右介『ブームはどう始まりどう終わるか』岩波アクティブ新書刊 を読む。中川さんといえばカメラジャーナルのアルファベータの代表取締役社長でおなじみ。一時チョートクさん絡みのカメラ本やら渋い写真集やらいっぱい出してたのに、最近はどうしたんやろうと思ってたら、そういうことだったのか…という話。クラシックカメラブームの巻き込まれた中川さんの体験談というか反省文というか。
 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブームは予測できない、でもいつかは終わる。
ブームで成功するためには、ブームを発見すること。
たまごっち、ボウリング、角川映画…ブームの栄枯盛衰。
大きなブームからマイブームへ。
ブームは報道によって変質する。
撤退するための判断基準。
クラシックカメラブームから学んだブーム8つの法則。

序論 「ブーム力」と「ブームの壁」(ブームとヒットの違い;ブームは商品寿命を短くする ほか)
第1章 ブームの発見―一九九三年‐九四年(中古カメラブームが新聞で報じられる;ブームの背景 ほか)
第2章 ブームの構造―一九九五年‐九七年(教祖の登場;聖地の発見)
第3章 ブームの変質―一九九七年‐二〇〇〇年(メディアの影響;他業種からの参入 ほか)
第4章 ブームの終焉―二〇〇〇‐〇三年(成功は失敗を隠す;前年割れの理由はすぐに見つかる ほか)
何がブームになるかは誰にもわからないし,いつかは終わる.どのように頂点を迎え,何がきっかけで退潮し,終焉していくのか.クラシックカメラブームの経験をふまえ,考察する.


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 文章はわかりやすいし、一般論として読んでも面白いけど、クラシックカメラブームを知っている人だったらさらに楽しめるはず…耳が痛い人も多いか(^^;)。中古カメラ屋さん巡りが好きな人にとってはめちゃめちゃ近しいネタなんやけど、カメラ関係の書籍として語られることは少なそう。でもアルファベータから出ている写真集っていいのが多いんよね。『東京ニコン日記』とか『Wien New York Niigata』とか最高。
[PR]

by yas_tak | 2007-07-29 22:30 |