Never Being Boring

neverbb.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Color-Skopar 28mm/3.5 ( 40 ) タグの人気記事


2015年 09月 30日

『自転車』

d0116571_5363438.jpg

『自転車』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @四つ木・東京

 晴れ。

 子供がネットで配信されている中国語のコンテンツを見るために買ってきたChromecast、その後も思惑通りに大活躍してくれている。中国語に親しむには子供向け番組が一番ということで、リビングのテレビはChromecastでアニメ「 大頭児子和小頭バーバ(バーバは中国語のお父さん、漢字が出ない)」と「熊出没」を流している。

■本日のBGM:AMERICA/浜田省吾
[PR]

by yas_tak | 2015-09-30 23:34 | 日記
2015年 09月 10日

『休憩から戻ってきたところ』

d0116571_2240378.jpg

『休憩から戻ってきたところ』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @お花茶屋・東京

 雨、曇り。ここらはひとまず終了か。
 
 2年ほど前の大雨のときは本八幡駅前が冠水しまくってたけど今回は大丈夫だった。あれだけ強く降っていたのに不思議。

■本日のBGM:Sound Of Silence/ Simon & Garfunkel
[PR]

by yas_tak | 2015-09-10 22:42 | 日記
2015年 07月 28日

『路地』

d0116571_5335091.jpg

『路地』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @南砂・東京

 晴れ。

 木造2階南東の自室は天井の一部が屋根の形状に沿って傾斜している関係で、部屋全体の高さの2/3くらいのところにエアコンがついている。灼けた屋根から放射される熱気でただでさえ天井付近に熱い空気がたまりがちなのに加えて、ルーバーを目一杯上げて目線の高さくらいにしか冷風が吹き上がらないわけだから、冷熱の空気が上下2層に分かれてしまっている状況、もはや冷気ムラとは呼べないレベルだ。PCの前に座っていても顔は熱いのに太ももから下は冷えているという感じで、エアコンの設定を温度を上げるべきか下げるべきか迷ってしまう。
 
 そこで小型のサーキュレータを置くことにした。PCの冷却ファンでもそうなんだけど、ファン径がでかけりゃでかいほど静音&大風量になるので余裕を見て大きいのを買うのにこしたことはないと思いつつ、あまりでかいと設置に自由度がなくなるし値段も高い。結局6畳間標準の18-20cmクラスから探すして、なるべく安くかつ壊れにくい(首振りやリモコンがついていない、スイッチ周りの設計がシンプル)ものを選んでいくと、無印良品のCF18Rというモデルに行き着いた。これはスタパ齋藤さんのレビューでも大絶賛されていたものだ。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20110606_450108.html

 で、ちょっと回してみたところ噂どおりの静音設計。風切り音が耳障りではないし、筐体の振動が少ない。造りの良さはそのままファンの回転数を上げられることにつながり風量も十分確保できている。これなら6畳間の空気を十分循環できる。

■本日のBGM:Miss Me Blind/ Culture Club
[PR]

by yas_tak | 2015-07-28 23:33 | 日記
2015年 07月 24日

『三輪車』

d0116571_7142936.jpg

『三輪車』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @南砂・東京

 曇り、午後から大雨。

 昨日のネタの続き。

 …みたいな話をしていたら北海道出身の友人が「ジンギスカンは中華という認識ではなく北海道の郷土料理である。」と熱く語り出した。いや、それは関西出身の自分でも分かってるってば、高級中華店で煙出しまくりっていうので笑うところだってば(^^;)。学生の頃に北海道にツーリングというとまずヒツジ食わねばって感じだったし、やはり北海道出身の友人が例のヘルメット伏せたみたいな鉄鍋持ってて、それでジンギスカンやったことあるな。

 ただ、その頃は関西では街中(まちなか)で手軽にヒツジを食べられる店ってのはなかったような気がする。ヒツジ肉っていうと丸大ハムだかの味付け肉のパックみたいなのが売られていて、安いからそれを大量に買い込んでフライパンで焼いて食べるとかそういう感じだった。あちこちにジンギスカンのお店を見つけるようになったのは東京に出てきてからだ。

■本日のBGM:Legs/ ZZ Top
[PR]

by yas_tak | 2015-07-24 23:13 | 日記
2014年 06月 04日

『アンパンマン』

d0116571_6395534.jpg

『アンパンマン』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @木場・東京

 晴れ→曇り。
 
 近畿、東海で梅雨入りということだから関東ももうすぐか。週間天気予報も今日になっていきなり曇りと雨のマークばかりになった。

 SAECのイヤフォンケーブルがまた断線。音はいいんだけどなあ。SHURE純正のケブラー並とまではいかないまでも、もう少し丈夫に作れないか。

■本日のBGM:Wreck On The Highway / Bruce Springsteen
[PR]

by yas_tak | 2014-06-04 06:38 | 日記
2014年 05月 03日

『キックボード』

d0116571_8354112.jpg

『キックボード』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @南砂・東京

 晴れ。

 シグマの山木社長のツィートで新型の50mm/1.4の設計手法として、「無限遠では球面収差を完全補正し、近距離側ではわざとアンダー目にして後ボケを柔らかくしている」というのが紹介されていて、レンズの味付けってそういう風にやるのかと感心。

 ちなみに、一眼レフ用レンズでは、絞りの開閉に伴うピントの移動が少ない過剰補正が一般的で、ペンタックスを含め多くのレンズがこれだが、2線ボケが出やすいとか問題点も多かった。そういう意味で、シグマのフル~アンダーの補正というのはちょっと珍しく、かなり難易度の高い設計だと思うぞ。

■本日のBGM:郷愁/斉藤和義
[PR]

by yas_tak | 2014-05-03 23:36 | 日記
2014年 05月 02日

『55周年』

d0116571_762559.jpg

『55周年』 BESSA-L Color-Skopar 28mm/3.5 @本八幡・千葉

 晴れ。
 
 田中長徳さんのブログで5月2日付けで公開されている写真、最寄りの京成八幡のホームからの眺めだった。長徳さんは永井荷風の大ファンのようで、ときどきこの辺をぶらついているみたい。写真は晩年の荷風行きつけの「大黒屋」を紹介するためのものなので、ちょー適当に撮っているみたいだけど。
 
 大黒屋と反対側、京成八幡駅南側は数年前から大規模な再開発が始まって、それまでの古い商店やら住宅やらは根こそぎやられ、タワーマンションに生まれ変わってしまった。地権者だったたばこ屋さんが一番良いところにスペースをもらって再出店したんだけど、全然やる気がなくて(今日はお昼から開けますとか張り紙がしてあったり、そこらの吸い殻をこのお店のせいにされたりして)、新しい住民になんじゃあそこと言われているうちにコンビニになったり、やはり地権者だった人が最上階の億ション部屋もらったんだけど、住まないまま売り払ってしまったりとか(噂ですが)、下町の再開発らしい話題が飛び交っていて興味が尽きない。(商売も建物も)傾きかけた1階商店2階住居の木造戸建てに住んでたような老夫婦が、いきなりタワーマンションの40階とかに引っ越しても戸惑うだろうなあ。

■本日のBGM:Ammonia Avenue / The Alan Parsons Project
[PR]

by yas_tak | 2014-05-02 23:05 | 日記
2014年 04月 23日

『杖』

d0116571_2211378.jpg

『杖』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @木場・東京

  晴れ。
 
 というわけで、デジタル接続とアナログ接続の聴き比べ。せっかくなので検電ドライバをひっぱりだして、アンプ、CDともコンセントの極性もきっちり合わせておく。スピーカーケーブルも剥いておこう。
 
 まずはいつものアナログで。マランツのエントリークラスのCDプレーヤは伝統的に耳なじみがよく聴きやすいという印象。小音量でも音やせしないのはいいけど、ボリューム上げるとちょっと線が太い。まあ、今の環境ではがんがん鳴らすことはないので、これはこれでいい。
 
 さて、次はデジタル接続。一聴して音像が引き締まるのが確認できる。全体に引き締まるんだけどエッジが立っているので、こちらも小音量時でも音やせはしない。こういう聴かせ方もあるのかという感じ。小音量時ではいい勝負だけど、ボリュームを上げるとデジタル入力の方がいいかな。低音も量感ではなくアタックで聴かせるので、曖昧さがなくて気持ちいい。んんー、好みとしてはデジタル接続だけど、長時間流すと聴き疲れするかな。どっちか決まったら一方の結線を外すつもりだったけど、これなら共存させておいてもいいか。
 
 ちなみにD/Aコンバータチップは、アンプ側がTI社のバーブラウンPCM1796、CDプレーヤ側はシーラスロジック社のCS4398となっている。どちらも定評のあるチップであるが、それぞれ特定の音質の傾向を持つというのは聞いたことはない。それに続くアナログ回路での音作りが違うんだろうな。

■本日のBGM:Where The Streets Have No Name / U2
[PR]

by yas_tak | 2014-04-23 22:12 | 日記
2014年 04月 22日

『孫』

d0116571_23265418.jpg

『孫』 a7R Color-Skopar 28mm/3.5 @木場・東京

 晴れ→曇り、夜には雨。

 今使っているプリメインアンプONKYO A-7VLは、このクラスとしては珍しくD/Aコンバータを搭載していて、CDプレーヤからデジタルで入力することができる。A-7VLは毀誉褒貶の激しい機種であり、デジタル入力のほうがいいとかアナログ入力の方がいいとか、そもそもデジタルアンプなんでどっちもダメだとかいろいろ言われていて、セッティングや好みで評価がころころ変わるみたいだから、試し甲斐があるというもの。今は普通にアナログで接続しているので、次はデジタルでつないでみよう。
 
 オーディオのデジタル入出力は光と同軸と2系統あって、両者に音の差はないかもしくは光の方が電気系統のノイズが遮断できて音が良さそうな気がするのだが、世間では必ずしもそうはなっていないというか、どちらかというと同軸ケーブルでつなぐ方がおすすめみたい。ここらへんはオーディオの世界では差があって当たり前みたいな風潮があって、規格化されてから30年近く経つのに根本的な解決はされないまま運用されていることなんだよね。逆に安易に規格をいじらないというのは、家電のとしての挟持というか、美点でもある。さて、どうなるのか。

■本日のBGM:Custard Pie / Led Zeppelin
[PR]

by yas_tak | 2014-04-22 23:26 | 日記
2014年 03月 12日

『井筒屋』

d0116571_23235095.jpg

『井筒屋』 NEX-7 Color-Skopar 28mm/3.5 @上原・東京

 晴れ。

 昨日、みまもりケータイの話で「親回線とみまもり回線の更新月がずれている場合は、解約がちょっと面倒になる」と書いたのは、例えばオーナー回線が更新月を待たずにソフトバンクを離れるときなど、みまもり回線分もまとめて違約金をとられるんじゃないかと思っていたからなんだけど、実際はそうでもないらしい。
 
「そういうときは、みまもりケータイ同士をみまもらせればいいんですよ。」
「え、そんなことできるの。」
「できます。例えばみまもり赤をオーナー回線にして、みまもり青をみまもらせるんです。これを相互にやれば、メインのiPhoneはみまもりの枠と関係なくなります。うちはそうしてます。」
「なるほどー、それは気がつかなかったよ。」
「なので、基本ユニバーサル接続料の3円のみで運用できるんです。安すぎてかえって警戒されるらしいです。なにか裏があるんじゃないかって。」
「うむ、ソフトバンクだからなあ。」
「まさに回線増やしただけのサービスですよね。あえて問題があるとするなら、2年後の更新月に更新し忘れたときくらいです。」

■本日のBGM:バラッドをお前に/THE MODS
[PR]

by yas_tak | 2014-03-12 23:28 | 日記